利益相反管理基本方針
当社は、保険業法および金融商品取引法等を踏まえ、お客さまとの取引に伴う利益相反によりお客さまの利益を不当に害することのないよう、法令および当社規程等を遵守し、適切に業務を管理・遂行いたします。
1.利益相反取引の定義
「利益相反取引」とは、当社等(当社および下記5に定める当社の関連会社をいいます。)とお客さま(当社等の保険関連業務に係る取引先および金融商品関連業務に係る取引先をいい、個人であるか法人であるかを問いません)との間で利益が相反する状況または当社等のお客さま相互間で利益が相反する状況により、お客さまの利益を不当に害するおそれのある取引をいいます。
2.利益相反取引の特定および類型

当社は、利益相反取引を下記(1)〜(4)の類型に分類・特定し、お客さまの利益を不当に害することのないよう管理します。

  • (1)当社等とお客さまとの間で利益相反が生じる取引
  • (2)当社等のお客さま相互間で利益相反が生じる取引
  • (3)情報の不適切利用による取引
  • (4)上記(1)〜(3)以外で、利益相反によりお客さまの利益を不当に害するおそれのある取引
3.利益相反の管理方法
当社は、利益相反取引の管理方法として、以下に掲げる方法を適宜選択し、または組み合わせることにより、利益相反取引の管理を行います。
  • (1)利益相反取引を発生させる可能性のある部門を分離する方法
  • (2)利益相反取引の一方又は双方の取引条件または方法を変更する方法
  • (3)利益相反取引の一方の取引を中止する方法
  • (4)利益相反取引となることをお客さまに開示する方法
  • (5)上記(1)〜(4)以外で、その他適切な方法
4.利益相反管理体制
当社は、適切に利益相反管理を行うため、他の部門から独立した利益相反管理統括部門および利益相反管理統括者を設置し、対象取引の特定および管理を一元的に行うとともに、利益相反管理体制の適切性と有効性を定期的に検証・評価し、適宜改善します。 また当社は、利益相反管理について定められた法令および社内規則等を遵守するため、役職員等を対象に教育・研修等を行います 。
5.利益相反管理の対象となる会社の範囲
当社は、当社および以下に掲げる当社の関連会社を利益相反管理の対象とします。
三生キャピタル株式会社
ウインドウを閉じる