三井生命沿革

会社情報 メニュー

 当社の前身である「高砂生命保険株式会社」は、1914年4月16日、東京・銀座街の商店主たちを主な発起人として当時の東京市京橋区日吉町12番地に創業されました。
 1926年11月に高砂生命の大株主となった三井合名は、団 琢磨ほか6名の新役員を選んで経営権を掌握し、1927年2月、商号を「三井生命保険株式会社」と改めることを決議し、同年3月その登記を完了しました。こうして当社は三井財閥傘下の有力企業の一つとして発足しました。
 その後、戦後の混乱や財閥解体などの試練を経て、1947年8月「三井生命保険相互会社」として営業を開始した当社は、業界大手の一角を占めるまでに順調に業容を拡大し、2004年4月、相互会社から株式会社へと組織変更を行い「三井生命保険株式会社」となりました。
 そして、2016年4月には、日本生命保険相互会社と経営統合を行い、三井生命としての新たな歴史がスタートし、現在に至っております。

年月  
1927年 3月 高砂生命保険株式会社から三井生命保険株式会社に商号変更して発足
1947年 8月 相互会社形態の「三井生命保険相互会社」として営業開始
1961年 4月 本社を東京都千代田区大手町1-2-3に移転
1967年 8月 財団法人三井生命厚生事業団を設立
※2014年4月より、公益財団法人三井生命厚生財団に改称
1971年 10月 イタリアのジェネラリ社、米国のエトナ社と国際団体保険制度に関する業務提携開始
1974年 7月 CSR活動の一環として「苗木プレゼント」を開始
1980年 9月 千葉県柏市に事務センター竣工
1990年 9月 米国ミシガン大学ロス・ビジネススクール内に「三井生命金融研究センター」を開設
1996年 8月 三井ライフ損害保険株式会社を設立
※同社は2003年11月に解散
2000年 9月 日本IBMとの合弁会社「エムエルアイ・システムズ株式会社」を設立
2001年 7月 基金の総額を700億円(基金償却積立金10億円を含む)に増額
2002年 3月 基金の総額を1,700億円(基金償却積立金10億円を含む)に増額
2002年 10月 銀行窓口における販売を開始
2002年 11月 ファイナンシャル・アドバイザリー・サービス「パーソナル・マネー・マネジメント・サービス」を開始
※2009年11月、アメリプライズ・ファイナンシャル・インクから提供を受けたファイナンシャル・プランニングに関する技法および
 情報の利用を可能とする永久ライセンスを取得
2004年 4月 相互会社から株式会社に組織変更(資本金872億円、資本準備金872億円)
大学における寄附講座「パーソナル・マネー・マネジメント入門講座」を開講
2005年 2月 三井生命コミュニケーション(M-com)センターの業務開始
※2012年4月お客様サービスセンターに改称
2006年 9月 第三者割当増資による1,000億円の資金調達を実施(資本金1,372億円、資本準備金1,372億円)
2008年 12月 第三者割当増資による600億円の資金調達を実施(資本金1,672億円、資本準備金1,672億円)
2010年 1月 本店を東京都千代田区大手町2-1-1に移転
2012年 11月 「ご家族登録制度」の取扱い開始
2013年 4月 無配当外貨建終身保険(予定利率更改型)「ドリームクルーズ」、「ドリームクルーズ プラス」を発売
2013年 11月 「三井生命ロイヤルカスタマー倶楽部」の創設
本社管理組織を東京都江東区青海1-1-20に集約
2014年 3月 お客さま専用WEBサイト「三井生命マイページ」サービスの開始
2014年 4月 無配当外貨建個人年金保険(積立利率更改型)「ドリームフライト」を発売
2014年 10月 三井生命「北九州お客様サービスセンター」の開設
タブレット型情報端末「ミレット」の導入
2015年 3月 「中期経営計画(2015年度〜2017年度)」を策定
2015年 4月 「未来メッセージ」サービスの取扱い開始
2015年 9月 日本生命保険相互会社との経営統合に関する基本合意を発表
2015年 10月 無配当一時払外貨建生存給付金付特殊養老保険「ドリームロード(ステップ)」を発売
2016年 4月 日本生命保険相互会社との経営統合による新体制発足
無配当保障セレクト保険「大樹セレクト」を発売
2016年 11月 日本生命から三井生命への商品供給
「逓増定期保険 経営サポート」を販売開始