三井生命と中小企業団体中央会の提携について

中小企業団体中央会会員の皆さま メニュー
三井生命と中小企業団体中央会の提携の歴史

三井生命と中小企業団体中央会の提携は、昭和48年より続く長い歴史を持っています。
当時、世の中は高度成長時代。中小企業は深刻な労働力不足という悩みを抱えていました。そのような中で中国地方5県中小企業団体中央会にて、中小企業の人材確保や定着を図るため特定退職金共済制度が発足。三井生命は引受保険会社として選ばれて以来、中小企業団体中央会と提携しながら福利厚生制度のサポートを行っています。

想いはともに企業のベストパートナー

中小企業団体中央会は法律に基づく中小企業組合の専門指導機関です。『三人寄れば文殊の知恵』といわれるように、中小企業の方々が集まり組合を作り、企業発展のための第一歩につながるよう日々支援を行っています。
三井生命は、『いつの時代も、お客さまのためにあれ』という初代社長団琢磨の考えのもと創業以来常にお客さまを第一に掲げた経営を行っています。全国各地に営業拠点を持ち、地元に根ざしたライフコンサルタントが長期的な信頼関係のもと地域の企業や個人のお客さまをサポートしています。

中小企業の皆さまの繁栄のために

三井生命は、中小企業団体中央会専門の組織があり、全国に中小企業団体中央会推進担当者を配置しています。
中小企業団体中央会とともにセミナーの開催や異業種交流会を行い、企業同士の連携・ビジネスマッチングのお手伝いもしています。三井系をはじめとする大企業等の窓口である当社法人営業部が中心となって、大企業と中堅・中小企業とのビジネスマッチングのサポートにも積極的に取り組んでいます。

A-2017-5010(2017.4)