ガイドブック「団体保険における保険金等のお支払いについて」
19/30

18お支払いできない代表例保険金・給付金をお支払いできない場合について2 2ご契約時に正しい告知をいただけなかった場合告知義務違反により契約・特約が解除となるとき1具体的事例119P■保険金・給付金をお支払いできない代表的な事例についてご説明いたします。■お支払いできるかどうかについては、ご契約の約款によって判断をさせていただくことになりますが、ご契約の時期および内容によって約款の内容が異なることがございますので、実際のご請求にあたっては、「ご契約のしおり-約款」を必ずご確認いただき、ご不明な点は当社担当者または相談窓口へお問い合わせください。ご加入時に正しい告知をいただけなかった場合には、保険金・給付金をお支払いできないことがあります。お支払いしない事由に該当する場合約款に定める免責事由に該当するとき災害保険金など介護/三大疾病/特定疾病給付金など3具体的事例1028P免責事由(約款に定めたお支払いできない事由)に該当する場合は、保険金・給付金をお支払いできません。その他、お支払いできない場合4お支払い事由に該当しない場合約款所定の支払事由に該当しないとき高度障がい保険金など2具体的事例220P約款所定の障がい状態に該当しない場合は、高度障がい保険金、障がい給付金をお支払いできません。具体的事例321P当社が保障の責任を開始する前に生じた事故や発病した病気については、保険金・給付金をお支払いできません。具体的事例422P約款に定める入院日数の条件に該当しない場合は、入院給付金をお支払いできません。具体的事例523P約款に定める1回の入院についての支払限度を超える場合は、その後の入院について入院給付金をお支払いできません。具体的事例624P手術が約款に定める手術に該当しない場合は、手術給付金をお支払いできません。具体的事例7~925P~27P約款所定の状態に該当しない場合は、介護給付金・三大疾病診断給付金・疾病障がい給付金等をお支払いできません。■約款に定めるお支払い事由に該当しない場合には、保険金・給付金をお支払いできません。お支払い事由は、ご契約の内容により異なります。■保険契約が詐欺によって締結されたとき、保険金等を不法に取得する目的で契約が締結されたとき、保険金等の請求にあたって詐欺行為があったとき、暴力団・その他反社会的勢力に該当、または、関与していると認められたとき、その他契約の継続を期待し得ない重大な事由があったときは、保険金等はお支払いできません。死亡保険金など入院/手術給付金など保険金・給付金をお支払いできない場合について概要お支払いができない場合の代表的な事例

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る