三井生命トップ > 法人のお客さま > 団体年金運用商品 > 特別勘定特約(投資対象別口)の特徴

特別勘定特約(投資対象別口)の特徴

円貨建株式口(アクティブ‐S型)

グローバルな視点での成長力とバリュエーションをベースとした投資価値の分析に重点を置き、トップダウンアプローチ・ボトムアップアプローチの融合による業種配分、銘柄選択を行い、市場を上回る収益の獲得を目指します。

円貨建株式口(バリュー型)

バリュエーション指標に着目し、株価形成の非効率性を的確に捉えることで、市場を上回る収益を追求します。バリュー投資においては、評価を切り上げる銘柄の発掘が最も重要であるとの考え方から、個別銘柄への徹底したリサーチに基づくボトムアップ運用を行います。適切なバリュエーション軸の規定と割安な理由の変化の可能性に着目し、割安度が見直される過程を的確に捉えます。

円貨建公社債口

トップダウンアプローチとボトムアップアプローチを併用し、「イールド」と「クレジット」の両方を超過収益の源泉とするプロダクトです。

外貨建株式口

トップダウンアプローチとボトムアップアプローチを融合した投資手法に基づき、ファンダメンタルズ分析を行い、これを的確にポートフォリオに反映することで、地域配分、銘柄選択のそれぞれにおいて、市場を上回る収益の獲得を目指します。

外貨建公社債口

世界各国の経済ファンダメンタルズ分析・マーケット分析により、債券市場・イールドカーブ・為替市場の動きを的確に捉え、市場を上回る収益の獲得を目指します。

短期資金口

流動性の観点から、短期金融商品で運用する商品です。

三井-企-19-114

ページトップへ