働く女性の「いま」を応援する情報サイト

Lady GO!! キャリア応援部

Beauty & Health[ビューティ&ヘルス]

Photo
Photo

不調の原因は女性ホルモン!?

季節の変わり目であるこの時期、「なんとなく体調がすぐれない」「なんだかダルい」など、病気とは言えないような不調を感じていませんか?
これまで、このコーナーでは何度かこのような「なんとなく不調」について調べてきました。その際、キーワードとして必ず登場するのが、自律神経とホルモンでした。特にわたし達女性の体調に大きく関わるのが、女性ホルモンのようです。
ということで、今回は女性ホルモンについて調べてみました。

女性ホルモンとは

女性ホルモンは「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類だそうです。この2つのホルモンの分泌量が排卵などのサイクルに合わせて増減することで、体にリズムが出来て快調に過ごせるとのことです。このホルモン分泌が上手くいかなくなることがホルモンバランスの崩れということなのでしょうか。

・エストロゲン(卵胞ホルモン)
排卵の準備をすると同時に「女性らしさ」を生むホルモンと言われているようです。肌や髪を健やかに保つ働きもあるとか。その他、自律神経を活発にしたり骨を丈夫にしたり、シミやシワを防ぐ作用もあるそうです。まさに「女性らしさ」の源なんですね。

・プロゲステロン(黄体ホルモン)
妊娠のために大切な働きをするホルモンだそうです。妊娠の継続をサポートすることはもちろん、体温を上げたり、体に栄養や水分を蓄積したりするそうです。

ホルモンバランス

女性の1ヶ月は、女性ホルモンのリズムの観点から「生理」「卵胞期」「排卵期」「黄体期」の4つに分かれているそうです。それぞれの時期で2つの女性ホルモンが分泌量を増減させているとのことです。
エストロゲンの分泌量が多い卵胞期から排卵期までは、体も心も絶好調だそうで、お肌もピカピカになるとか。いいことばかりと思ってしまうエストロゲンですが、増えすぎると、乳がん、子宮体がん、卵巣がんなどのリスクが上がるという情報もありました。
多すぎても少なすぎてもダメなんですね。まさにこれがホルモンバランスということなのでしょう。
バランスが崩れると、頭痛、肩こり、冷え、むくみなどの体調不良が発生しますし、イライラ、落ち込み、不眠などの心的不調が発生する可能性もあるそうです。

女性の「なんとなく不調」の原因の多くは、もしかしたら、女性ホルモンバランスの崩れにあるかもしれません。ホルモンバランスを整えるには、規則正しい生活をするとか、軽い運動を心がけるとか、ゆっくりお風呂に入って温まるとか、これまで何度も耳にした情報がネット上には掲載されています。でも、そんなに簡単に不調が消えるわけではありません。自分の体をもっと知る努力をしなくてはいけないのではと感じます。
多少の不調はいつも「仕方ない」と諦めてしまいがちですが、我慢しすぎないで婦人科を訪ねてみるのもいいかもしれません。

2017.11.17
不調の原因!? 女性ホルモン
2017.10.20
風邪薬の選び方
2017.8.18
真夏はご注意! 虫刺され対策
2017.7.21
臭いを退治して、夏を爽やかに
2017.5.19
「肉食ダイエット」ってご存知ですか?
2017.4.21
身だしなみとしての香り
2017.3.17
いびきでお悩みではありませんか?
2017.2.17
座りすぎは身体に毒?
2017.1.20
マスクって本当に効くの?
2016.12.16
ぐっすり眠って疲労回復
2016.11.18
グルテンフリーで体を整える
2016.10.21
雨の日に体調が悪いのはなぜ?
2016.9.16
やっぱりすごい、ストレッチの効果
2016.8.19
今年こそ、夏バテに負けない!
2016.7.15
ジメジメシーズンのヘアスタイル、
なんとかしたい!!
2016.6.17
酢しょうが&酢たまねぎで健康に
2016.5.20
食べ合わせでダイエット?!
2016.4.15
菌活、始めてみませんか?
2016.3.18
知っておこう! 女性の病気
2016.2.19
乾燥肌対策!
基本をおさえて自分にあった対策を
2016.1.15
コレでなかったことにできるかも?!
お正月太り解消法
2015.12.18
疲労回復のツボ押しで、年末の嵐を乗り切れ!
2015.11.20
食物繊維を味方に、健康的にダイエット
2015.10.16
漢方っていいかも! 知ってトクする豆知識
2015.09.18
代謝アップ法を身につけて、やせ体質をゲット!
2015.08.21
暑さに負けるな!「汗を制する者は美を制す」
2015.07.17
夏の恐怖!! UV ケアを怠ると…