働く女性の「いま」を応援する情報サイト

Lady GO!! キャリア応援部

Beauty & Health[ビューティ&ヘルス]

Photo
Photo

夏の恐怖!! UVケアを怠ると…

夏の強い日差し。ジリジリと肌を焦がすあの感覚。健康的な小麦色の肌にも憧れますが、やはりシミ、シワ はNG。夏本番を前に今から日焼け対策いたしましょう。

SPF とPA

紫外線はA 波とB 波から成り立っています。UVA、UVB という呼び方をよく耳にしますね。
それぞれの紫外線に対応する防止効果を持ったものがSPF とPA です。
SPF は主にUVB への防止効果があります。「SPF15」「SPF30」というように2〜50 の値で効果の高さを示しています。数値の大きいほうが防止効果が高いということですが、日常生活では15〜25 のものをしっかりぬれば問題ないようです。
一方PA はUVA への防止効果があります。「PA+」「PA++」で表示され、「+」が多いほど高い防止効果を示しています。
日常使いであればPA は「+」か「++」で十分だそうです。

日焼け止めの選び方

乳液タイプ、クリームタイプ、パウダータイプ、スプレータイプなど、様々なタイプが市販されています。どこにぬるか、どのくらい屋外にいるか、など用途や状況によって使い分けが必要。最近は化粧下地やファンデーション自体に日焼け止め効果のあるものも多いので、あえて日焼け止めをぬらなくて済む場合もあるようです。
ただし、海や山などアウトドアを楽しむ時は、メークの上からでもこまめに日焼け止めをぬらないと、予想外に日焼けしてしまうことも…。お持ちの日焼け止めやファンデーションなどの成分・効果を確認して、自分自身にあったUV ケアを怠らないようにしましょう。

日焼け止め以外の紫外線対策

日傘、帽子、サングラスなど日焼け止め以外の紫外線対策も効果大。
帽子の場合、一般的につばが7cm 以上あれば、紫外線の60%はカットできると言われていますし、日傘は通常のもので90〜95%の紫外線をカットするとか。
最近はアームカバー、ネックカバー、ストール、サンバイザーなど紫外線カットを目的とした商品も多く出回っています。
おしゃれしながら紫外線予防できたら一石二鳥!
本格的な夏が来る前にお気に入りの紫外線防止グッズを見つけてみるのもいいかも。

2017.11.17
不調の原因!? 女性ホルモン
2017.10.20
風邪薬の選び方
2017.8.18
真夏はご注意! 虫刺され対策
2017.7.21
臭いを退治して、夏を爽やかに
2017.5.19
「肉食ダイエット」ってご存知ですか?
2017.4.21
身だしなみとしての香り
2017.3.17
いびきでお悩みではありませんか?
2017.2.17
座りすぎは身体に毒?
2017.1.20
マスクって本当に効くの?
2016.12.16
ぐっすり眠って疲労回復
2016.11.18
グルテンフリーで体を整える
2016.10.21
雨の日に体調が悪いのはなぜ?
2016.9.16
やっぱりすごい、ストレッチの効果
2016.8.19
今年こそ、夏バテに負けない!
2016.7.15
ジメジメシーズンのヘアスタイル、
なんとかしたい!!
2016.6.17
酢しょうが&酢たまねぎで健康に
2016.5.20
食べ合わせでダイエット?!
2016.4.15
菌活、始めてみませんか?
2016.3.18
知っておこう! 女性の病気
2016.2.19
乾燥肌対策!
基本をおさえて自分にあった対策を
2016.1.15
コレでなかったことにできるかも?!
お正月太り解消法
2015.12.18
疲労回復のツボ押しで、年末の嵐を乗り切れ!
2015.11.20
食物繊維を味方に、健康的にダイエット
2015.10.16
漢方っていいかも! 知ってトクする豆知識
2015.09.18
代謝アップ法を身につけて、やせ体質をゲット!
2015.08.21
暑さに負けるな!「汗を制する者は美を制す」
2015.07.17
夏の恐怖!! UV ケアを怠ると…