働く女性の「いま」を応援する情報サイト

Lady GO!! キャリア応援部

Beauty & Health[ビューティ&ヘルス]

Photo
Photo

暑さに負けるな!
「汗を制する者は美を制す」

夏といえば、気になるのは汗。
汗は化粧崩れやニオイのもと、かかないで済むならかきたくない! と思うのが女ゴコロ。どうしたら汗をかかず済むのか? 夏の汗対策について調べてみました。
すると、「ベタベタする」、「臭い」というこれまでのマイナス面だけではなく、むしろわたし達にとって必要不可欠な大切なパートナーだということがわかってきました。
今回はそもそも汗って何? ということを知ることから始めようと思います。上手く付き合えば、嫌われ者と思っていた汗もわたし達の大きな味方になってくれるかも。

汗の機能は?

汗の最も重要な役割は体温を一定に保つ、体温調節機能。
夏の屋外やサウナなどで周囲の温度が高くなった時や、風邪をひいて熱が出た時など、体温が高くなった時に汗が出ます。汗の水分が皮膚の上で蒸発するときに熱が奪われることによって、体温を一定に保つという役割を果たしているのです。
もうひとつ大事な機能としては、肌に潤いを与え角質層をいつもしなやかに維持するという、天然の化粧水のような役割。美肌のモトでもあるのです。
つまり、汗をかけば、涼しくなって肌も潤うっていうこと! 素晴らしい!

良い汗、悪い汗

少し汗のことがわかってきたところで、さらに調べてみると、汗には「良い汗」と「悪い汗」があるとのこと。確かに運動の後の汗は何とも爽快な気分になるし、サウナでかく大量の汗は、カラダの良くないモノを一緒に排出するデトックス機能があるような気もしますね。でも、極度に緊張したり、ストレスを感じたりした時にかく汗は、かなり不快で嫌な汗... 一概に汗と言っても、いろいろありそう。

汗をかく仕組みは、体温が上昇すると、血液中の液体部分が汗腺に取り込まれます。このとき、体にとって必要なミネラル分はほとんど血液にろ過(再吸収)され、その成分は99%以上が水で、あとはわずかな塩分等が汗として皮膚面に排出されます。これが本来の汗であり、「良い汗」だそう。
この再吸収機能=“汗かき力”がうまく働いている良い汗ほど、水に近いサラサラの汗になるらしい。濃度が薄いので蒸発しやすく気化熱による体温調節がスムーズに行われるとのこと。さらに皮膚本来の持つ弱酸性に保つため、雑菌の繁殖を抑える。つまり臭わない。

では「悪い汗」とは?
汗腺の機能が鈍る、つまり“汗かき力”が低下していると、ろ過作用がうまく機能せず、ミネラル分が水分と一緒に体外に排出されてしまうことに。
この時の汗はベトベトして蒸発しにくく、体温調整がうまく働かないらしい。その上、「悪い汗」はアンモニアなどのニオイ成分を含んでいるし、皮膚表面をアルカリ化してしまいます。皮膚表面がアルカリ性に傾くと雑菌が繁殖しやすくなるため、汗のニオイが強くなってしまうという悪循環。
さらに悪いことに、体に必要なミネラル分が血液から失われることにもなってしまうので、大量にかけば夏バテなどの慢性疲労や熱中症の原因にも。

“汗かき力”を強化する

では、どうすれば「良い汗」をかく=“汗かき力”を強化することができるのでしょうか?
答えはカンタン。積極的に汗をかくこと!
汗腺は使わなければ機能が退化してしまうので、どんどん汗をかくようにすることです。汗をかき慣れていれば、「良い汗」が出るそうで、体温調節はうまくいくし、ニオイもない、というわけ。
そう、汗はかかなくてはいけないのです。
エアコン漬けですっかり“汗かき力”が低下している貴方には、積極的に体を動かし、自分自身でつくった自己熱で発汗を促進することがオススメ。ジョギングやウォーキング、ヨガやゴルフ、ご自分の好きなことで、継続しやすいことを始めましょう。運動する時間のない方や、そもそも運動が苦手な方は入浴タイムの活用がよさそう。オススメの入浴法を調べてみると...
「手足高温浴」と「半身浴」を組み合わせた入浴法が“汗かき力”強化にはよさそう。

手足高温浴とは、浴槽にやや熱い43〜44度のお湯を少なめにはり、両手の肘から先と両足の膝から下だけを湯につけ(すなわち四つん這いの姿勢で)10〜15分間浸す入浴法。
手足の汗腺は機能が落ちやすいので、積極的に鍛えなくてはならないのだそう。腕や足の血液が温められるとその血液が全身に行き渡り、じっくりといい汗をかくことができるということらしい。また、手足以外はお湯につかっていないので、かいた汗が蒸発して体温を調節する理想的な発汗状態になるとも。
この方法を続けると全身の汗腺が活発になり、きちんと働く汗腺が増える。
手足高温浴の後は、湯船に水を加えて温度を下げ(37〜38度)、10〜15分間、半身浴をする。
手足高温浴では交感神経が刺激されるそうだが、半身浴では副交感神経が優位になるため、自律神経のバランスが取れるとのこと。
ちょっと時間がかかりそうなので毎日は無理でも、疲れたカラダを癒やすリラックスタイムということで、休日にゆっくりお風呂に入り、“汗かき力”を強化すれば、いつもの夏より涼しい夏を過ごせるかも。

汗をかかないようにするのではなく、「良い汗」をかくことが美や健康に大切。“汗かき力”強化に励んで、この夏の暑さを乗り切りましょう!

2017.11.17
不調の原因!? 女性ホルモン
2017.10.20
風邪薬の選び方
2017.8.18
真夏はご注意! 虫刺され対策
2017.7.21
臭いを退治して、夏を爽やかに
2017.5.19
「肉食ダイエット」ってご存知ですか?
2017.4.21
身だしなみとしての香り
2017.3.17
いびきでお悩みではありませんか?
2017.2.17
座りすぎは身体に毒?
2017.1.20
マスクって本当に効くの?
2016.12.16
ぐっすり眠って疲労回復
2016.11.18
グルテンフリーで体を整える
2016.10.21
雨の日に体調が悪いのはなぜ?
2016.9.16
やっぱりすごい、ストレッチの効果
2016.8.19
今年こそ、夏バテに負けない!
2016.7.15
ジメジメシーズンのヘアスタイル、
なんとかしたい!!
2016.6.17
酢しょうが&酢たまねぎで健康に
2016.5.20
食べ合わせでダイエット?!
2016.4.15
菌活、始めてみませんか?
2016.3.18
知っておこう! 女性の病気
2016.2.19
乾燥肌対策!
基本をおさえて自分にあった対策を
2016.1.15
コレでなかったことにできるかも?!
お正月太り解消法
2015.12.18
疲労回復のツボ押しで、年末の嵐を乗り切れ!
2015.11.20
食物繊維を味方に、健康的にダイエット
2015.10.16
漢方っていいかも! 知ってトクする豆知識
2015.09.18
代謝アップ法を身につけて、やせ体質をゲット!
2015.08.21
暑さに負けるな!「汗を制する者は美を制す」
2015.07.17
夏の恐怖!! UV ケアを怠ると…