働く女性の「いま」を応援する情報サイト

Lady GO!! キャリア応援部

Beauty & Health[ビューティ&ヘルス]

Photo
Photo

風邪薬の選び方

季節の変わり目ですね。体調を崩されていませんか?
急に朝晩寒くなって、身体がついていけません。こういう時にひくんですよね、風邪。そういえば、なんとなく調子が悪くてダルい気がします。ひき始めの、あの嫌な感じです。病院に行くほど具合が悪いわけじゃないけど、なんとかしたい! という時に頼りになるのは、やはりお薬です。
さっそく薬局に行ってみましたが、種類が多くて何を選べばいいのか...
これからの季節、風邪薬には何かとお世話になりそうです。この機会に風邪薬の選び方について調べてみました。

風邪の正体

そもそも風邪ってどのような病気なのでしょう? まずは風邪の正体から調べてみました。
風邪とは風邪症候群と呼ばれる感染症の一種で、ウイルスが鼻や喉に感染することで起こる、急性炎症の一種ということだそうです。風邪の原因はウイルスなんですね。このウイルスが鼻や喉の粘膜に付着して増殖してしまうと、それらをやっつけようと免疫が活発になって、ウイルスと闘う免疫の働きが組織の炎症を起こし、風邪の症状が現れるようになるということです。
風邪は一年中ひく可能性がありますから、ウイルスは年中わたし達のまわりに潜んでいるということ。元気な時は免疫がやっつけてくれているのでしょうが、免疫力が低下するとウイルスに感染してしまって、風邪の症状が出るということですね。
秋冬に風邪をひきやすいのは、この時期は空気が乾燥していて、ウイルスが繁殖しやすいからだそうです。

風邪薬の選び方

風邪をひくと、喉が痛くなる、咳が出る、鼻水が出る、熱が出る、人それぞれあるいはその時々で症状が違いますよね。
いろいろ調べてみると、市販の風邪薬は症状を抑えるもので、ウイルスそのものをやっつけるものではないことがわかりました。さらに、風邪薬には喉に効く薬、鼻水に効く薬など症状ごとの薬と総合感冒薬という複数の症状に効く薬があるようです。
薬を選ぶ際には、自身の症状を確認して、一番つらい症状を和らげる薬を選ぶことが大切とのこと。風邪のひき始めに効く薬もあるようですし、複数の症状が重なった場合には、総合感冒薬がいいそうです。
単純に飲めばいいということではないようですね。症状に合わない薬を飲んでも意味がないし、副作用も心配です。とにかく、症状にあった薬を服用することが大切!
どんな薬が症状にあっているのかわからない場合は、薬局で買うなら積極的に薬剤師さんに相談してみましょう。
また、家に風邪薬がある場合は、その薬がどんな症状に効くのか確認しておくといいかもしれません。風邪薬に含まれる成分が、どのように作用するのかまとめてみましたので、確認してみてください。

・イブプロフェン、サリチルアミド
発熱、頭痛などの痛み、のどの腫れなどの炎症の原因となる物質の生成を抑え効果を発揮。

・アセトアミノフェン
発熱、頭痛などの痛みに効果を発揮。

・クロルフェニラミンマレイン酸塩、ジフェンヒドラミン塩酸塩
くしゃみ、鼻水などの原因となるヒスタミンを抑え、効果を発揮。

・ヨウ化イソプロパミド、ベラドンナ総アルカロイド
鼻水の原因となる神経に作用し、鼻水に効果を発揮。

・ジヒドロコデインリン酸塩
咳を出す咳中枢に作用し、咳に効果を発揮。

・メチルエフェドリン塩酸塩
気管支を拡張し、咳に効果を発揮。

・アンブロキソール塩酸塩
気道のすべりを良くすることで、たんの排出を促進。たんを取り除いて、つらい咳に効果を発揮。

風邪をひいてしまったら、症状に合った風邪薬を飲んで症状を和らげ、自分の体が持っている力で治すしかないんですね。昔からよく言われるように、「安静」「栄養」「保温」が一番の薬かもしれません。