働く女性の「いま」を応援する情報サイト

Lady GO!! キャリア応援部

Feature[特集]

Photo
Photo

大人のおつきあい
お歳暮のルールって?

社会人生活も長くなり、家族を持つと、自分の仕事関係だけでなく、ご主人の会社の上司、お子さんのお稽古の先生など、何かと周囲の人たちのお世話になる機会も増えます。
もうさすがに大人ですから、「ありがとう」だけでは済みませんよね。
できれば、お礼の気持ちをカタチにして、スマートに伝えたいものです。
マナーを知って、おつきあい上手を目指しましょう。
ということで、今回はちょうど準備の時期が来たお歳暮について、調べてみました。

そもそも、お歳暮とは?

お歳暮という言葉は、もともとは年の暮れ、年末(歳暮=さいぼ。せいぼ)という意味を表わす言葉だったとか。
掛け売りが基本であった江戸時代、代金の請求は「盆と暮れ」の年2回だったそうで、この支払いをする際に、「いつもお世話になっております、来年もよろしくお願いします」という気持ちをこめて、代金とともに贈り物を持参していたということです。
この、暮れに贈り物をする商習慣と、年神様(歳神様)への供物を配る時期や習慣が重なって、「年の暮れの贈り物」として現代に伝わったものと考えられているのだそうです。

いつ贈ればいいの?

季節の挨拶なので、贈る時期を外さないようにすることが大切。
昔はお正月のお祝いの準備を始める「事始めの日」(12月13日)から年の暮(12月28日頃)までに贈るものとされていたそう。
今は12月初旬から12月25日頃が一般的。遅くとも12月30日までには届けたほうがよさそうです。
もしも間に合わなかったら、年明けから1月7日までに「御年賀」として贈れば大丈夫。
ちなみにお中元は関東が7月1日〜7月15日、関西は7月中旬〜8月15日。
本来なら、相手のお宅を訪問して手渡すのが正式なマナーのようですが、今はデパートなどから配送してもらうケースが多いようです。

誰に贈ればいいの?

基本的には会社の上司や親戚に贈るのが一般的。お子さんがいらっしゃる方は、お稽古事や塾などでお世話になっている方へ贈ることもあるかもしれません。
お中元やお歳暮は、一度贈りはじめたら毎年贈り続けるのが礼儀だとか。「先日お世話になったから」といった理由で、気軽にお中元やお歳暮を贈るのではなく、ずっと贈り続けるかどうかをよく考えてから贈るようにしたいものです。一度限りの贈り物なら、「御礼」として贈るといいでしょう。また、一年の締めくくりという意味で、お中元は贈らずお歳暮だけを贈る、というのもいいでしょう。

何を贈ればいいの?

以前は本来の由来から、新巻鮭、数の子、塩ぶりなど、お正月に召し上がっていただけるものを贈っていたようです。
今も年越し・正月に使える食料品が主流ですが、ビールやワイン、産地直送グルメも人気があるそうです。
何を贈るか迷ったら、食料品や飲料、調味料などが無難。これらは「消え物」といって、昔から食べたり使ったりしてなくなるものが贈り物には好ましいという習慣があるらしい。
最近は商品券やカタログギフトのように自由度の高いものも支持されているようですが、目上の人に商品券を贈ったり、年配の方に肌着などを贈ったりするのは、失礼ととられる場合があるので、注意が必要です。
金額は3,000円〜5,000円を目安に選ぶといいようです。
特別にお世話になった場合、高価なものを贈ることもありますが、高価すぎる物は、相手の負担になってしまうことがあることも忘れないようにしましょう。

その他、何か注意すべきことはあるの?

贈る相手が喪中の場合、どうしたらいいでしょう。
調べてみたら、年賀状は控えますが、お中元やお歳暮なら特に問題ないとのこと。贈り先だけでなく、贈り主である自分が喪中の場合でも、お中元やお歳暮を贈ることは大丈夫だそうです。
お中元やお歳暮を贈る際のルールやしきたりには、地域や親戚同士、職場内での決まりや例外もあるかも。迷った場合は、家族や職場の先輩方に確認するのが安心ですね。

お歳暮が届いたら、どうすればいいの?

もしお中元やお歳暮をいただく立場になったら、どのようにしたらいいのでしょうか。
実は、お中元やお歳暮をいただいた場合のお返しは不要。受け取ったお礼として、電話をしたり、手紙やはがきを送ったりすればいいらしい。贈るマナーだけでなく、お礼の方法も知っていたいですね。

お世話になったら、素直に感謝の気持ちを伝えたいものです。お歳暮はそんな気持ちを表すのに良い機会です。
より良いおつきあいの潤滑油として、上手に活用しましょう。

2017.11.17
浮世絵の世界に触れてみよう
2017.10.20
秋のお月見
2017.9.15
落語入門
2017.8.18
アイロンがけ、コツをおさえて装い爽やかに
2017.7.21
ちゃんと知ろう、乳がんの検査
2017.6.16
茶の湯を識る
2017.5.19
春のイライラ対策
2017.4.21
アニメ映画 100 周年
2017.3.17
着物を知ろう
2017.2.17
習い事で広がる、新しい世界
2017.1.20
暦を知って暮らしを豊かに
2016.12.16
年賀状マナーのおさらい
2016.11.18
ご存知ですか!? 正しいセーターの洗い方
2016.10.21
ボールペン物語
2016.9.16
働く女性の今どきランチ事情
2016.8.19
ビールのこと
2016.7.15
アウトドアライフの進化系!? グランピング
2016.6.17
「大和言葉」で言葉づかいを見直してみませ んか?
2016.5.20
涙活 泣いてストレス解消できる?
2016.4.15
余裕のある時間の使いかたとは?
2016.3.18
いろいろ片付けて気分一新!
断捨離のススメ
2016.2.19
春のお出かけ 社会科見学のススメ
2016.1.15
気になる今年の運勢
占いの種類と特徴を知って、今年を占う
2015.12.18
しっかり準備で大掃除をクリア!
2015.11.20
大人のおつきあい お歳暮のルールって?
2015.10.16
芸術の秋! 美術館の選び方・楽しみ方
2015.09.18
サードウェーブコーヒー
2015.08.21
旅の心得 持って行くと便利なモノは?
2015.07.17
“ジャー・サラダ” で美味しく簡単にベジチャージ!