働く女性の「いま」を応援する情報サイト

Lady GO!! キャリア応援部

Feature[特集]

Photo
Photo

しっかり準備で大掃除をクリア!

年末最大の行事である“大掃除”。
年の暮れ、新しい年を迎えるにあたり、やはり気になるのは部屋の掃除です。
やったほうがいいに決まっている、やりたいとは思っている... でも、年末は何かと忙しくて時間がない。
ちなみに世間の大掃除事情はというと、ある調査によれば、「毎年行う」のは既婚者40.7%、一人暮らし29.7%、ということ。
一人暮らしだとそんなに汚れないし、年末年始は帰郷など忙しいからか、なんと1/3以下。既婚家庭も半数以下とは、意外にみんな大掃除してない。
「みんなもしてないなら、まぁ〜わたしもやらなくていっか! 」と思った貴方、そんな考えではいけません。
もしかしたら、みんなは大掃除しなくてもいいほど、普段から掃除しているということなのかも。
忙しさにかまけて、お掃除をサボっているな、と思った方は、大掃除のコツについて、いろいろ調べてみましたので、このコラムを参考に是非とも大掃除を。
キレイにお掃除して、気持ちよく新年を迎えようじゃありませんか!

大掃除計画を立てる

■大掃除する場所としない場所を決める
これは目からウロコでした。隅から隅まで全部やろうと思っていました。
しない場所があってもいいんだぁ〜、ちょっと気が楽になりますよね。
例えば、トイレ・お風呂など日頃から気をつけて掃除しているところはパスして、冷蔵庫の中・レンジフード・靴箱の中など、めったに掃除しないところからリストアップしていきましょう。
■掃除方法を決める
徹底的に掃除する場所、いつもよりちょっと念入りに掃除する場所、いつも通りに掃除する場所など、レベル感を場所ごとに決めておくとよいとのこと。やるとなったら徹底的に、と思うからいつも時間切れで諦めることに。無理に頑張らなくてもいいから一応掃除する、という緩急も大切かも。
■担当を決める
自分ひとりで決行するのか、家族で分担するのか、はたまたお掃除代行サービスに頼むのか、場所ごとに決めておきましょう。
簡単でさっとできる場所をお子さんに任せ、高いところの掃除や窓掃除などはご主人に任せるなど、家族にもたっぷり働いてもらいましょう。
レンジフードやエアコンなど、素人には徹底した掃除が難しい場所は、この際思い切ってプロにお願いする、という選択もあります。
■スケジュールを決める
大掃除は1日で終わらせようとしないで、場所やレベルをみて決めていくといいでしょう。
窓掃除などお天気に左右される場所は、予備日も決めておいたほういいとのこと。

必要なものをチェックする

計画ができたら、次は計画実行に必要な洗剤や掃除道具のチェック。
普段使わない洗剤は、まだあると思っていたら残り少なかったり、古くなっていたりすることがありますよね。
お掃除する場所の材質によって、使えない洗剤もあるので、こちらも事前にチェックが必要です。
しつこい汚れには洗剤の湿布が有効というのは、皆さんご存知ですよね。
湿布にはキッチンペーパーやラップを使うことも多いので、掃除方法を確認して必要なものを揃えましょう。
あと、たくさん用意しておくといいのがぞうきん。
この機会に古くなったタオルやTシャツなど、ぞうきんにできそうなものをチェックしておいたほうがいいかも。

大掃除のコツ

■湿布法
キッチンなどの油汚れは粘着性が強く、ブラシでこすって落とそうとすると重労働だし時間もかかりますよね。そこでどのサイトにもあるのが湿布法。
汚れた箇所に専用の洗剤をかけ、キッチンペーパーやラップで湿布。湿布している間は別の場所を掃除できるので、時短にも繋がるとのこと。確かにこれは効率的ですね。
しかも湿布した後は軽くこすっただけでピカピカになるとか。素晴らしいですね! 湿布効果!
■洗剤の特性を知る
一言で洗剤と言っても、スーパーで探してみると、かなりのスペースをとった売り場に相当な種類が陳列されています。
台所用、フローリング用、木製家具用、浴室用、トイレ用... 場所以外にも油汚れ、カビなど汚れの種類に応じた洗剤まで。
全てを揃えるとなると、かなり大変。本当に必要な洗剤はどれか、を見極めて無駄買いしないようにしないと。
洗剤の特性の基本として、アルカリ性洗剤はしつこい油汚れに、酸性の洗剤は尿石や石鹸カスなどに効果的とのこと。
「どの程度の汚れにどの洗剤が必要か」がわからないから、とりあえず強力な洗剤を使う、という素人が走りがちな選択も実は危険。
強力な洗剤は汚れ落としの効果は高いけど、掃除した部分の材質を傷めてしまったり、塗装などに影響したり注意が必要。
大抵の汚れは水やお湯で落とすことが出来るらしいので、まずはぞうきんで拭いたり、中性洗剤を試すといいかも。いずれにしても洗剤を買う前に掃除する場所の汚れのレベルを確認しておくことが大切のようですね。

無理な計画をたてない、汚れのレベルをチェックしておく、など大掃除のコツは技術的なことだけでなく、効率よく進めるための準備が重要。
これを機会に、まずは家の汚れのレベルをチェックして優先順位だけでもつけてみませんか?
全てを年内に終わらせなくてもいいかもしれません。できなかったら来年に持ち越せばいい、というくらいの気持ちで、できることから少しずつ始めてみましょう。
一箇所でも二箇所でも、徹底的に磨きあげたら、全体の印象が変わるかも!
どうですか、大掃除、やる気が出てきましたか?

2017.11.17
浮世絵の世界に触れてみよう
2017.10.20
秋のお月見
2017.9.15
落語入門
2017.8.18
アイロンがけ、コツをおさえて装い爽やかに
2017.7.21
ちゃんと知ろう、乳がんの検査
2017.6.16
茶の湯を識る
2017.5.19
春のイライラ対策
2017.4.21
アニメ映画 100 周年
2017.3.17
着物を知ろう
2017.2.17
習い事で広がる、新しい世界
2017.1.20
暦を知って暮らしを豊かに
2016.12.16
年賀状マナーのおさらい
2016.11.18
ご存知ですか!? 正しいセーターの洗い方
2016.10.21
ボールペン物語
2016.9.16
働く女性の今どきランチ事情
2016.8.19
ビールのこと
2016.7.15
アウトドアライフの進化系!? グランピング
2016.6.17
「大和言葉」で言葉づかいを見直してみませ んか?
2016.5.20
涙活 泣いてストレス解消できる?
2016.4.15
余裕のある時間の使いかたとは?
2016.3.18
いろいろ片付けて気分一新!
断捨離のススメ
2016.2.19
春のお出かけ 社会科見学のススメ
2016.1.15
気になる今年の運勢
占いの種類と特徴を知って、今年を占う
2015.12.18
しっかり準備で大掃除をクリア!
2015.11.20
大人のおつきあい お歳暮のルールって?
2015.10.16
芸術の秋! 美術館の選び方・楽しみ方
2015.09.18
サードウェーブコーヒー
2015.08.21
旅の心得 持って行くと便利なモノは?
2015.07.17
“ジャー・サラダ” で美味しく簡単にベジチャージ!