働く女性の「いま」を応援する情報サイト

Lady GO!! キャリア応援部

Feature[特集]

Photo
Photo

落語入門

最近、落語関連のテレビ番組が増えたように思います。落語の内容をわかりやすく再現映像化して解説してくれる番組、人気若手落語家が一つの噺を掘り下げていく番組、落語家が主人公になったアニメ... もしかして、落語ブームなのでしょうか? 芝浜、時そば、寿限無など、知っている噺もあるし、テレビに出ている落語家のこともそれなりに知っているけど、そこ止まり。もっともっと奥深い世界が広がっていそうです。落語のこと、ちょっと勉強してみませんか? まずは、はじめの一歩、落語のイロハから...

落語のはじまり

なんで落語のことを「落語」というのか? それは、噺の最後に「オチ」がつくから! これ、ご存知でしたか? なるほど! ですよね。
一人の演者が面白い噺をする演芸は、江戸中期に京都、大阪、江戸で相次いで生まれたとのこと。その後、上方落語と江戸落語という二つの流れになっていくようです。江戸で初めて有料で噺を聞かせる寄席が誕生したのは18世紀の終わりと言われています。

落語家の階級

落語家(東京)には、「真打ち」「二ツ目」「前座」「前座見習い」という階級があるそうです。
「真打ち」はよく耳にしますね。「◯人抜き真打ち昇進!」なんていう記事を見たことがあります。
落語家になるには、まず第一に真打ちの弟子にならなくてはいけないとのことです。簡単に弟子入りを許されるわけではないでしょうから、入門したい落語家の高座に足繁く通ったり、楽屋口で出待ちしたり、家を訪ねたり、いろいろな方法で落語への情熱を伝えるようです。そして、いよいよ入門となると、まずは前座見習いということに...

・前座見習い
仕事はもっぱら師匠や兄弟子の身の回りの世話や師匠の家の雑用、そして前座になるための修業だそう。前座になるための修業とは落語の稽古、着物の着方やたたみ方、鳴り物の稽古など。この時点ではまだ落語家として協会に登録されていないので、楽屋には入れないそうです。
・前座
見習い期間の状況を見て、師匠から許可が出ると、楽屋入りが許され前座となります。前座の仕事はなかなか大変そうです。見習いと同じ仕事の上に、楽屋での様々な仕事が加わります。楽屋の仕事とは、掃除に始まって演目が書かれたメクリの準備、太鼓打ち、楽屋入りした師匠方のお世話、そして、後片付け。「開口一番」と呼ばれる最初の一席に出してもらえることもあるようですが、あくまで勉強の為なので、番組と言われるプログラムに名前が出ることもないそうです。年に数えるほどのお休み以外は毎日のように寄席に通い、4年ほどで二ツ目になるそうです。下積みって、どの世界でも大変ですね。
・二ツ目
二ツ目になると、ようやく正規の落語家として、寄席で噺ができるようになるそうです。師匠の家や楽屋での雑用がなくなり、着物も着流しから紋付き、袴、羽織に変わるとのこと。前座のように毎日寄席に通う必要はなくなりますが、逆に自分で仕事を見つけてこなければいけなくなるそうです。この時期にどれだけ精進するかで、差がつくとの解説もありました。これまた大変ですね。
・真打ち
最後に高座にあがった落語家が、演じ終わると蝋燭の芯を打つ(=火を消す)ことから、芯打ち→真打ちと呼ばれるようになったらしい。寄席で最後の演者を務めることができるようになり、「師匠」と呼ばれ弟子も取れるようになるとのこと。

古典落語と新作落語

古典落語と新作落語の違いは、一言で言うと、作られた時期の違いだそう。
ただ調べてみると、その境界は意外と曖昧で、古典落語は江戸〜明治にできた演目という説や、大正時代までは古典という説も。したがって新作落語も大正以降にできた演目という解説があれば、昭和以降に作られたものとの説も。さらには戦前は古典、戦後は新作という説までも...
新作落語は作者がはっきりしているのに対して、古典には作者不詳が多いというのも特徴に挙げられていました。これも古いからよくわかないという時期の問題なのかもしれません。
ある人の言葉を借りれば、古典も出来た時は新作だったのです。もしかしたら、古典・新作とあえて分けることに意味はないのかもしれませんね。ただ、一つ言えるのは面白い噺は長く演じられているということ。つまり古典は名作と言えるのかもしれません。

落語は演者一人が登場人物全てを、扇子と手ぬぐいという数少ない小道具を駆使して演じる日本独自の話芸です。同じ演目でも落語家が違えば趣きも変わります。かなり奥の深い世界ですが、もともと庶民のためのものですから、噺自体はわかりやすくて面白い。
新宿、上野、池袋など買い物ついでに寄れる場所に寄席はあります。今度の休日はお友達と寄席に足を運んでみてはいかがでしょうか?

2017.11.17
浮世絵の世界に触れてみよう
2017.10.20
秋のお月見
2017.9.15
落語入門
2017.8.18
アイロンがけ、コツをおさえて装い爽やかに
2017.7.21
ちゃんと知ろう、乳がんの検査
2017.6.16
茶の湯を識る
2017.5.19
春のイライラ対策
2017.4.21
アニメ映画 100 周年
2017.3.17
着物を知ろう
2017.2.17
習い事で広がる、新しい世界
2017.1.20
暦を知って暮らしを豊かに
2016.12.16
年賀状マナーのおさらい
2016.11.18
ご存知ですか!? 正しいセーターの洗い方
2016.10.21
ボールペン物語
2016.9.16
働く女性の今どきランチ事情
2016.8.19
ビールのこと
2016.7.15
アウトドアライフの進化系!? グランピング
2016.6.17
「大和言葉」で言葉づかいを見直してみませ んか?
2016.5.20
涙活 泣いてストレス解消できる?
2016.4.15
余裕のある時間の使いかたとは?
2016.3.18
いろいろ片付けて気分一新!
断捨離のススメ
2016.2.19
春のお出かけ 社会科見学のススメ
2016.1.15
気になる今年の運勢
占いの種類と特徴を知って、今年を占う
2015.12.18
しっかり準備で大掃除をクリア!
2015.11.20
大人のおつきあい お歳暮のルールって?
2015.10.16
芸術の秋! 美術館の選び方・楽しみ方
2015.09.18
サードウェーブコーヒー
2015.08.21
旅の心得 持って行くと便利なモノは?
2015.07.17
“ジャー・サラダ” で美味しく簡単にベジチャージ!