働く女性の「いま」を応援する情報サイト

Lady GO!! キャリア応援部

Feature[特集]

Photo
Photo

秋のお月見

めっきり秋めいてきましたね。秋分の日から1ヶ月弱しかたっていないのに、日が暮れるのがずいぶんと早くなったように感じます。秋は「秋の日の釣瓶落とし」や「秋の夜長」など夜にまつわる言葉も多いですよね。そして、空気も澄んだ秋の夜の楽しみに「お月見」というのがあります。
十五夜、中秋の名月、十三夜など、お月見に因んだ言葉はいくつか知っていますが、その詳細となるとちょっと... ネットで少し調べてみたら、「十日夜(とおかんや)」というのを発見。十五夜、十三夜、十日夜。何だか面白そうです。
ということで、今回は秋のお月見に関する歳事記について調べてみました。

十五夜(じゅうごや)

そもそも十五夜とは、秋には関わりなく満月の夜、すなわち新月から15日目の夜のことだそうです。
ただ、秋は空気もきれいで月や星がよく見えることから、旧暦の8月15日を特に十五夜と呼んでお月見をするようになったそうです。古く、満月は豊作のシンボルとされ、月の光には精霊が宿ると信じられていたことから、五穀豊穣に対する感謝と祈りの意味もあったようです。
日程ですが、旧暦の8月15日は単純に新暦の9月15日ではなく、なんと毎年変わるそうです。さらに十五夜は満月とは限らないとか。新月から満月までの日数が14〜16日間と幅があるのがその理由。満月じゃなくても十五夜にはお月見するそうです。ちなみに2017年の十五夜は10月4日。今年は遅かったんですね。

十三夜(じゅうさんや)

十三夜とは旧暦の9月13日に行うお月見のこと。十五夜の約1ヶ月後ですね。十五夜を満月とすると、次の満月ということでしょうか。
古くから十五夜に続く十三夜のお月見も大切にされていて、十五夜と十三夜のどちらかしかお月見をしないことを「片見月」とか「片月見」と言って忌み嫌ったそうです。両方見なければいけないのですね。今年は11月1日です。十五夜のお月見をした方は、こちらも忘れずに。
十三夜は、十五夜に次いで美しいことから「後の月(のちのつき)」、栗の実る時期から「栗名月(くりなづき)」などの別名も持っているようです。

十六夜(じゅうろくや・いざよい)

十六夜というのもあります。十六夜とは、新月から数えて16日目の夜のことだそうです。十五夜の次の日の夜に見える月のこと、ということのようです。特に秋の月見というわけではないようですが、「いざよい」という別名もあって、特別な月のようです。
「いざよい」とは躊躇するという意味の「いざよう」の名詞形だそう。月が出る時刻は一日に約50分ずつ遅くなるそうで、十五夜の月よりも「ためらっている」ように遅く顔を出す十六夜の月を「いざよい」というようになったそうです。何だかロマンティックですね。

十日夜(とおかんや)

旧暦10月10日に行われる収穫に感謝する行事だそうです。稲刈りが終わって田んぼの神様が山に帰るとされていて、地方ごとに様々な行事があるようです。
十日夜はお月見をメインとする行事ではないようですが、秋の収穫を祝う大事な日だったのでしょう。

調べてみると、月にまつわる情報がたくさん! 「月待ち講」という月を拝む集いがあったり、「立待月」「寝待月」「有明月」など多くの呼び名もあります。「スーパームーン」や「ブルームーン」などもお馴染みですよね。月や月齢に興味が湧いてきました。また、別の機会にあれこれ調べてみたいと思います。