働く女性の「いま」を応援する情報サイト

Lady GO!! キャリア応援部

Foods[フーズ]

Photo
Photo

簡単&おしゃれ!
話題のぎゅうぎゅう焼きでXmas

気がついたら11月も半ば過ぎ。あっという間にクリスマスシーズン到来ですね。
せっかくだからいつもとは違うクリスマスらしい食卓にしたい。
友達を呼んでささやかながらパーティーを開きたい。
でも何を作ればいいの?
やっぱりチキン?
思い切って七面鳥?
クリスマスだけど和食?
せめてケーキでも焼いてみる?
毎年、クリスマスメニューで悩んでいませんか?
今年は今話題の「ぎゅうぎゅう焼き」で、簡単&おしゃれなクリスマスを!
ということで、作ってみちゃいました。

「ぎゅうぎゅう焼き」って?

今ちまたで盛り上がっている「ぎゅうぎゅう焼き」。ネットで調べてみたら、レシピサイトを中心に情報満載。
バットにお肉、お魚、野菜などが文字通り「ぎゅうぎゅう」に詰まっていて、カラフルで楽しい!
作り方を調べてみると、とにかくバットに好きな食材を並べて、オリーブオイルと塩、香草を加えて、オーブンで焼くだけ、という究極のシンプルさ!
これは作ってみるしかありません。

材料
何でもいいとは言え、クリスマスですから、緑、赤を意識して材料を選んでみました。

鶏もも肉 1枚
手羽元 5本
ソーセージ 4本
プチトマト 1パック
ブロッコリ 1個
カリフラワー 1/2個
ジャガイモ 中4個
アスパラガス 4本
パプリカ 黄色・赤 それぞれ1個
ローズマリー 3枝

作り方
1. ブロッコリ・カリフラワー・ジャガイモ・アスパラガスを軽く下茹でする。
2. バットにクッキングシートを敷き、色合いを考えながら食材を敷き詰める。
3. 塩・コショーを振り、ローズマリーを適当な長さに切って、食材の間に差し込む。
〈焼く前〉
Photo Photo

4. オリーブオイルを全体にかけまわす。
5. 150°Cに余熱したオーブンに30分。その後、180°Cに温度を上げて10分。
6. 焼き上がったら、しばし放置し休ませる。
7. 落ち着いたら、そのままテーブルへ。
〈焼き上がり〉
Photo Photo
〈ポイント〉
  • 材料や好みで焼き時間を調節
    今回はこの焼き方で、鶏肉にもちゃんと火が通っていました。
  • 根野菜は下茹でしたほうが無難
    ジャガイモやブロッコリなどは下茹でしたほうが、焼きムラを防げるし色もキレイです。
  • オリーブオイルは多め
    少ないと乾いた感じになっちゃいます。具材のエッセンスが溶け込んだオイルはパンにつけて食べても美味。
  • 大きいパーツから並べて、材料を重ねない
    肉、ジャガイモなど大きい材料から配置していくと、見栄えがよくなります。あと、重ねて詰めるのはNG。焼きムラのもと。

仕上がりのゴージャスさとは裏腹に、作り方はむちゃくちゃ簡単。とにかく、切って、詰めて、焼くだけ。
バットに材料を並べていく作業も楽しいし、いろんなバリエーションを考えられそう。鮭やタラなど、これから旬の魚を使ってもいいし、パンを入れたり、ご飯を敷いたりしてもいいかも。
パーティー料理だけなく、残り物の活用にも便利そうです。
敬遠しがちなオーブン料理ですが、オーブンに入れてタイマーをかければ、あとは放っておけばいいので、超ラク! おまけに洗い物も少なくてすみます。オーブンがない方は、もしかしたら魚焼きグリルとかオーブントースターでもできるかも。
今回の試作品はたくさん美味しくできたので、翌日のお弁当にしました。冷めても美味しかったです。トマトソースを加えれば、パスタソースにもなりそうだし、グリル野菜のサラダにもなります。たくさん作って残りの活用レシピを考えるのも楽しそうですね。

クリスマスっぽく、バットの周りを飾りつければ、テーブルの主役になること請け合いです。
ネットやインスタなどには様々な「ぎゅうぎゅう焼き」のレシピが公開されていますので、いろいろ参考にして、自分好みの食材を楽しくおしゃれに「ぎゅうぎゅう」して、オリジナルの「ぎゅうぎゅう焼き」で美味しい素敵なクリスマスを!