働く女性の「いま」を応援する情報サイト

Lady GO!! キャリア応援部

Foods[フーズ]

Photo
Photo

新茶を楽しむ季節です

「夏も近づく八十八夜〜♪」いつ覚えた歌かは忘れてしまいましたが、「茶摘み」の歌です。
八十八夜とは立春から数えて88日目のことで、「あれに見えるは茶摘みじゃないか〜♪」という歌詞にもあるとおり、八十八夜は茶摘み、すなわち新茶の季節なんですね。
今年は5月1日だったそうです。
加工の時間などを考えると、今がまさに新茶シーズンと言えるのかもしれません。
デパートやスーパーには「新茶」のシールが貼られたお茶が目につきます。
日常的に飲んでいるお茶ですが、意外に詳しいことは知らないな、と思い、今回はお茶についてのあれこれを調べてみました。

新茶とは

ネットで新茶について調べてみたところ、実は茶摘みの時期は八十八夜前後だけでなく、年に4回もあることがわかりました。
お茶は茶葉を摘んだ順番で「一番茶」「二番茶」「三番茶」「四番茶」とあるそう。
新茶は「一番茶」のこと。
・一番茶 4月末〜5月半ば
・二番茶 6月半ば〜7月初め
・三番茶 7月末〜8月初め
・四番茶 9月末〜10月初め
産地にもよるようですが、6ヶ月にわたって茶摘みが行われているんですね。
その中で特に新茶が珍重されるのは、当然ながらその味だそう。
春に芽吹いたお茶の新芽は、冬の間十分に養分を貯めているので、旨味成分が豊富に含まれているとのこと。
また、古くから八十八夜に摘んだお茶を飲むと、一年間無病息災で過ごせるという言い伝えもあり、味だけではない理由もあるようです。
出回るのは、5月末〜8月初めまでで、夏を過ぎると、たとえ「一番茶」でも「新茶」とは言わなくなるそうです。初物好きの日本人は、文字通り「新しい」ということにこだわるのでしょうね。

新茶の美味しい淹れ方

せっかくの新茶を手に入れたなら美味しく淹れたいものです。
美味しくお茶を淹れる手順を調べてみました。

  1. 急須に茶葉を入れる
    茶葉は1人あたり小さじ1杯(ティースプーンでもOK)。
  2. お湯を湯のみに入れる
    これは湯のみを温め、さらにお湯をお茶を淹れるのに最適な温度(70〜80℃)まで冷ますため。
    *温度が高過ぎると一般的にお茶は渋くなるとのこと。最初に湯のみで湯量を量っておくことにもなり、お茶の過不足を防ぐことができるとも。
  3. お湯を急須に入れ抽出する
    約40秒ほど抽出させ、急須を2〜3回さっとまわす。
    急須を回すと、茶葉の間に滞留していた旨味を出しきることができるとのこと。
  4. 均等に注ぐ
    湯のみの数だけ少しずつ均等に注ぎ分ける。
    最後の一滴まで注ぎきる。

日常的に飲んでいるお茶ですが、やはり新茶と聞くと、じっくりと味わいたくなります。
お茶の味は淹れ方に大きく左右されます。せっかくの新茶ですので、美味しく淹れて楽しみたいものです。
ちなみにお茶の保存は冷暗所で。
未開封の場合は冷凍庫に入れておくとよい、との情報もありました。