働く女性の「いま」を応援する情報サイト

Lady GO!! キャリア応援部

Foods[フーズ]

Photo
Photo

あなたはパクチスト?

最近「パクチスト」という言葉を知りました。
ご推察どおり“パクチー好きの人”のことです。パクチー料理専門店などもよく目にするようになり、流行っているという実感はありましたが、パクチストとは!
パクチーって、好きな人は熱狂的に好き、でも嫌いな人は徹底的に嫌い、という不思議な食べものですよね。香りも味もクセがありますが、あれこそがまさにクセになるのでしょう。ちなみにわたしはかなり好きです。
以前はアジアン料理屋さんでお目にかかるくらいで、自宅でパクチーを使った料理など作ったことはありませんでした。
ところが、最近は近所のスーパーでも普通に見かけるようになり、自宅でパクチー料理を作っている方も多そうです。ネットでチェックしてみたら、パクチーを使った料理も数多く紹介されています。どれもなかなか美味しそう。
ということで、今回はパクチーについて調べてみました。もちろん、料理にも挑戦してみました。

パクチーの実力

まずは、パクチーって何? というところから。
セリ科の一年草で、コリアンダー、香菜、中国パセリなどと呼ばれるそうです。皆さんご存知の独特な香りが特徴で、香辛料などに使われているとのことです。
栄養的には、強い抗酸化力を持つβカロテン、疲労回復効果が期待できるビタミンB1、皮膚や粘膜の健康を維持するビタミンB2の他、ビタミンC、ビタミンEなどビタミンを豊富に含んでいるとのことです。
さらにカルシウム、マグネシウムなどのミネラルも含まれているそうで、なかなかの実力者ぶりです。
デトックス効果や活性酸素の増加を抑えるアンチエイジング効果もあるそうで、わたし達女性には何とも強い味方です。あの強烈な香りを我慢してでも食べる価値がありそう!

パクチー料理

■ パクチーサラダ
パクチーを適当に刻んで、ドレッシングをかけるだけの簡単料理。簡単すぎるので材料と作り方は省略します。
ドレッシングはマヨネーズ系よりもオイル・酢・醤油のシンプルなものが合います。白ごまを入れると、味も見た目もよくなります。
パクチーそのものの香りと味をストレートに楽しむ料理。なので、パクチー嫌いの方にはかなりハードルが高いと思われます。

■ 鶏肉とパクチーのサラダ
材料(4人分)
鶏胸肉 1枚
パクチー 2株(30g)
ナンプラー 大さじ2・1/2
レモン汁 小さじ2
ピーナッツ 適量
赤唐辛子 適量
紫玉ねぎ 1/2個

作り方

  1. 鶏胸肉を茹で、火が通ったら、冷まして薄くスライスする。
  2. 紫玉ねぎをスライスして水にさらしておく。
  3. パクチーを適当な長さにカットする。
  4. ナンプラー、レモン汁を合わせ、1〜3を入れたボールに加えて混ぜ合わせる。
  5. 刻んだピーナッツと赤唐辛子の輪切りを4に加えて混ぜる。

ナンプラーが入ったからか、これはかなり本格的な味。
刻んだピーナッツがアクセントになって、とても美味しかったです。パクチーが苦手な方はパクチーの量を少なくしてトライしてみてください。

■ パクチー炒飯
材料(2人分)
パクチー 4株(60g)
ご飯 茶碗2杯(山盛り)
玉ねぎ 1/2個
ツナ缶(オイル漬け) 1缶(140g)
醤油 大さじ1
塩コショウ 少々

作り方

  1. パクチーを細かく刻んでおく。
  2. フライパンにツナの油とみじん切りにした玉ねぎを入れて中火で炒める。
  3. 玉ねぎがしんなりしたら、ツナを加えてさらに炒める。
  4. ツナがほぐれたら、ご飯を入れて炒める。
  5. 全体に混ざったら、醤油、塩コショウで味を調え、1のパクチーを入れて混ぜ合わせたら出来上がり。

これもとっても美味しかったです。ツナ以外に桜えびでも作ってみました。桜えびも良かったです。豚ひき肉でも美味しいかもしれません。気に入ったので、次回は豚ひき肉に挑戦してみます。

2018.3.16
マンネリから脱出! イタリアンちらし寿司
2018.1.19
今こそ知りたい、お餅レシピ
2017.12.15
スパイス& ハーブの使いかた
2017.10.20
きのこの保存法
2017.9.15
牛肉大好き! 美味しい部位はどこ?
2017.7.21
優雅にアフタヌーンティーはいかが?
2017.6.16
ローリングストックの鮭缶アレンジ!
2017.4.21
時との戦い!? 筍は早めにアク抜きを
2017.3.17
ひじきさえあれば
2017.2.17
ジャムを作ろう!
2017.1.20
白菜を食べつくす
2016.12.16
年越しそば、ひと工夫
2016.11.18
楽しいお弁当作りのコツ
2016.10.21
あなたはパクチスト?
2016.9.16
食器選びのコツを知って、食卓を華やかに
2016.8.19
夏だ! カレーだ!
2016.7.15
夏野菜三昧
2016.6.17
新茶を楽しむ季節です
2016.5.20
新感覚! オイルおにぎり
2016.4.15
春は苦味 山菜を食べましょう
2016.3.18
残り野菜を活用 干し野菜のすすめ
2016.2.19
お祝いのテーブルに寿司ケーキを
2016.1.15
つけダレにひと工夫で、
マンネリ鍋から脱却!
2015.12.18
おもしろ、美味しい お雑煮あれこれ
2015.11.20
簡単&おしゃれ!
話題のぎゅうぎゅう焼きでXmas
2015.10.16
週末の常備菜づくりで、
いつもの食卓にもう一品
2015.09.18
新米のはなし
2015.08.21
そうめんシーズン到来!
正しい茹で方と薬味の基本
2015.07.17
旬のそら豆と枝豆、
ゆで方のコツの違いって?