働く女性の「いま」を応援する情報サイト

Lady GO!! キャリア応援部

Foods[フーズ]

Photo
Photo

ジャムを作ろう!

冬の果物と言えば、やはりみかんとりんごですよね。
我が家には毎年、年末になると父方の親戚からはりんご、母方の親戚からはみかんが段ボールで送られてきます。最初のうちは喜んで食べているのですが、次第に持て余し、終いにはみかんにカビが生えたりして、結局食べきれずに処分する、ということを繰り返しています。
今年はそんな勿体無いことはせずに、何とか食べきろうと思います。いろいろ考えた末にジャムにすることにしました。
ネットで作り方を調べて、実際に作ってみました。

みかんジャム

材料
みかん 300g
白砂糖 80g みかんの20〜40%が目安
レモン汁 大さじ1

作り方

  1. みかんは皮を剥き、重さを量って砂糖の分量を計算する。
  2. みかんを少し粒が残る程度までミキサーにかける。
  3. ホーローかステンレスの鍋に2と砂糖・レモン汁を入れて弱火にかける。
  4. アクを取りながら煮込み、とろみがつくまで20分ほどじっくり煮込む。
りんごジャム

材料
りんご 1kg
白砂糖 300g りんごの20〜40%が目安
レモン汁 大さじ2〜3

作り方

  1. りんごは皮を剥き、芯を取って重さを量る。
  2. りんごを薄めのいちょう切りにする。
  3. ホーローかステンレスの鍋に2と砂糖・レモン汁を入れて弱火にかける。
  4. アクを取りながら煮込み、とろみがつくまで20分ほどじっくり煮込む。
  5. 果肉が気になるようであれば、ミキサーにかけて細かくする。
瓶詰め

ジャムを長期間保存する場合は、下記のように脱気処理することをお勧めします。 ご紹介するのは簡易的な脱気法ですが、これでも半年くらいは保つそうです。

  1. 鍋にたっぷりの水を入れて、よく洗った瓶を15分ほど煮沸殺菌する。
    この時蓋も忘れず煮沸する。ただし、蓋にはパッキンが付いているので後から入れる。
  2. 煮沸した瓶を引き上げ、逆さまにして乾かす。
  3. 煮詰めたジャムを熱いうちに2の瓶に入れ、蓋を強くしめる。
  4. 瓶を逆さまにして冷ます。

せっかくジャムにしたのにすぐに傷んでは元も子もありません。やや面倒ですが、脱気処理をお勧めします。また、長期保存には砂糖の量が多いほうがいいそうです。

主材料のほかに加えるものは砂糖とレモンだけというシンプルさ。作り方も基本的には煮るだけなので、超簡単。しかもお砂糖やレモンの量で、自分好みの味にすることができます。
自分で作ると愛着も湧き、毎朝ヨーグルトにのせて大切に食べています。他の果物にも挑戦し、上手に作れるようになったら、ラベルも手作りして友人にプレゼントしたいと思います。

2018.3.16
マンネリから脱出! イタリアンちらし寿司
2018.1.19
今こそ知りたい、お餅レシピ
2017.12.15
スパイス& ハーブの使いかた
2017.10.20
きのこの保存法
2017.9.15
牛肉大好き! 美味しい部位はどこ?
2017.7.21
優雅にアフタヌーンティーはいかが?
2017.6.16
ローリングストックの鮭缶アレンジ!
2017.4.21
時との戦い!? 筍は早めにアク抜きを
2017.3.17
ひじきさえあれば
2017.2.17
ジャムを作ろう!
2017.1.20
白菜を食べつくす
2016.12.16
年越しそば、ひと工夫
2016.11.18
楽しいお弁当作りのコツ
2016.10.21
あなたはパクチスト?
2016.9.16
食器選びのコツを知って、食卓を華やかに
2016.8.19
夏だ! カレーだ!
2016.7.15
夏野菜三昧
2016.6.17
新茶を楽しむ季節です
2016.5.20
新感覚! オイルおにぎり
2016.4.15
春は苦味 山菜を食べましょう
2016.3.18
残り野菜を活用 干し野菜のすすめ
2016.2.19
お祝いのテーブルに寿司ケーキを
2016.1.15
つけダレにひと工夫で、
マンネリ鍋から脱却!
2015.12.18
おもしろ、美味しい お雑煮あれこれ
2015.11.20
簡単&おしゃれ!
話題のぎゅうぎゅう焼きでXmas
2015.10.16
週末の常備菜づくりで、
いつもの食卓にもう一品
2015.09.18
新米のはなし
2015.08.21
そうめんシーズン到来!
正しい茹で方と薬味の基本
2015.07.17
旬のそら豆と枝豆、
ゆで方のコツの違いって?