働く女性の「いま」を応援する情報サイト

Lady GO!! キャリア応援部

Money[マネー]

Photo
Photo

お祝い金の相場って?

大学時代の友人に赤ちゃんが生まれました。さっそくお祝いを贈ろうと仲良したちと相談。ところが、なかなか意見があいません。結局、それぞれ個別にお祝いすることに。
ベビー用品がいいのか、お金がいいのか、友人たちとも意見が分かれたところ。というのも彼女はとってもおしゃれで、身につけるものをはじめ、インテリアや食器にいたるまで... とにかく、かなりのこだわりの持ち主なのです。こういう場合、モノを贈るのは勇気がいりますよね。
お金を贈って、好きなものを買ってもらったほうが喜ばれそうなのですが、いったいどのくらい贈ればいいのか... 相場が気になって調べてみることにしました。この際、出産祝い以外のお祝いごと全般の相場についても調べてみました。

お祝い金の相場

お祝い金の相場とひとことで言っても、お相手との関係性や地域の特性、社会的立場などによっても贈る金額は変わってきます。今回は友人や仕事関係のおつきあいとしての相場を調べてみました。

・出産祝い 5,000〜10,000円
ご誕生から1ヶ月までの間に贈りましょう。名前が決まってからのほうがいいとの情報もありました。

・入学祝い 3,000〜5,000円
小学校から大学まで機会が多いので、どこまでお祝いするか迷うところです。受験勉強を頑張った結果、志望校合格! なんて聞くとお祝いしたくなりますよね。お相手が仕事関係のお子さんの場合は特に贈らなくていいそうです。

・就職祝い 5,000円
こちらもお相手が仕事関係の場合は贈らなくていいようです。友人でもかなり親しくないと、贈らないことのほうが多いかもしれませんね。

・成人祝い 5,000円
・還暦祝い 5,000円
・定年祝い 10,000円
・新築祝い 5,000〜10,000円
・開業祝い 5,000〜20,000円

以上はお金を贈る場合の目安ですが、品物を贈る場合もこの範囲で買うといいようです。お金も現金ではなく、商品券を贈るほうがスマートなこともあるでしょうし、品物もカタログを贈って好きなものを選んでもらうという方法もあります。

お祝い金のマナー

お祝い金を贈る際は、お金をご祝儀袋に入れます。お金は新券がいいとのこと。ご祝儀袋は「御祝」と書かれたものを用意します。ご祝儀袋のポイントは次のとおりです。

・のし付き
のし袋やのし紙の右上についているものです。祝儀にだけ使います。

・水引付き
水引は、そもそも贈り物を結ぶ紐(リボン)のようなものだそうです。繰り返し祝いたいこと(例:出産、入学など)には蝶結びに、一度きりでよいこと(例:結婚、病気見舞い)には結び切りを使うのが慣習のようです。色は紅白が基本ですが、結婚祝いには金銀が使われることが多いようです。

・表書き
お祝いの種類、贈り主の名前を記したものが表書き(水引の上)です。上記のお祝いはどれも「御祝」でOK。ただ、結婚祝いには「寿」を使ったものや、「出産祝い」と書かれたものも多く、お祝いの内容にあったデザインのご祝儀袋も売られているようです。名前のところ(水引の下)には自分の名前をフルネームで書きます。

ただし、中身(=金額)と袋の値段はバランスがとれていることもマナーだそう。張り切って、あまり立派過ぎるご祝儀袋を選ぶと、恥ずかしい思いをすることになるかもしれないので、要注意。

あらためて調べてみると、人にお金やモノを贈る機会は意外に多いことに気づきます。これら以外にお香典やお供物料などのお悔やみ、お見舞いなどがありますし、お中元やお歳暮もあります。誕生日プレゼントやバレンタインのチョコレートなんていうのもありますよね。
大人のおつきあいとして、単なる習慣として贈ることも多いですが、やはりお祝いやお悔やみ、励ましの気持ちを伝えたいというのが、その動機のはずです。何を贈るかよりも、その気持をどうように伝えるのかが大切なのかもしれません。