働く女性の「いま」を応援する情報サイト

Lady GO!! キャリア応援部

Money[マネー]

Photo
Photo

仮想通貨の世界

みなさん、夏のボーナスはどうしましたか? ボーナスをもらってから早3ヶ月、銀行口座に放置していたら、気がつかないうちにかなり目減りしています。これはまずい! と思って、まずは銀行で定期預金や投資信託など各種パンフを入手。なかなかピンと来るものがなく、次は書店で情報収集。投資関連の本をチェックしてみました。
そこで気になったのが、仮想通貨。入門書もかなりの数が目立つところに積まれていました。「儲かる」「稼げる」「新たな投資対象」などの文字が踊っています。仮想通貨が投資対象???
興味が沸いてきました。まずは「仮想通貨って何?」というところから調べてみました。

仮想通貨とは

仮想通貨とは、お札やコインなどの目に見えるカタチのない、その名の通り「仮想」の「通貨」とのこと。そう言われてもピンと来ませんが、インターネットを通じて物品やサービスの対価に使用でき、ネット決済の方法としては、今や常識だそう。
しかも、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在しないものの、専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できるとのこと。
ただここが良くわからないところ。公的な発行主体や管理者が存在しないって、どういうこと? そんなことしていいの? 素朴な疑問が沸いてきます。
政府や中央銀行など管理者が発行する従来の通貨とは異なり、仮想通貨の最大の特徴として発行管理者がいない。では、どのように管理されているのかというと、利用者がネットワーク上ですべての取引履歴を相互に保管しあうとのこと。
取引履歴が唯一で、利用者間での取引がすべて追跡可能なので健全性が高いとの解説。この健全性の維持には暗号化の技術が使われているらしい。日本では仮想通貨と呼ばれているが、世界的には暗号通貨と呼ばれているとのこと。日本では認められているのか心配になり、金融庁のHPをチェックしてみると、そこには金融庁が定めた仮想通貨の定義がありました。とにかく、国も認めてはいるようです。内容は次のとおり。

資金決済に関する法律 第二条 5による定義:
この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。
一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

仮想通貨の可能性

ネット上の決済の容易さや、海外への送金手続きが簡単で為替手数料などのコストもかからないというメリットもあり、急速に普及しているようです。まさに仮想通貨が全世界共通の通貨であることが普及を後押ししているのでしょう。
また、普及の要因には、わたしにはちょっと難解な暗号化の技術を活用し、参加者全員がすべての取引情報を共有するという透明性・健全性にあるとの解説も多数ありました。確かに便利なだけでは心配ですよね。安全であるという信頼がなければ普及は難しいでしょう。
仮想通貨の種類は全世界で約3,000以上あるとも言われているそうです。現在はビットコインが90%を遥かに超えるシェアのようですが、日本で生まれた和製コインもあり、メガバンクが仮想通貨の開発を始めている、なんていう記事もありました。今後増々普及していきそうです。
広く使われる通貨として流通するようになれば、まさに世界通貨として「仮想」という名も外されるようになるかもしれません。投資対象となるのは、この可能性に対してなのでしょう。

まだまだ勉強不足で完全に理解したとは言えませんが、仮想通貨の今後の可能性については、大いに興味を持ちました。もっと勉強してみたいと思います。もしかしたら、そう遠くない将来、紙幣や硬貨のない世界になるかもしれません。