働く女性の「いま」を応援する情報サイト

Lady GO!! キャリア応援部

Money[マネー]

Photo
Photo

住宅購入 マンション VS 戸建て

家を買うなら、「一戸建て」か「マンション」どっちがいいの?
前号では購入or賃貸について考えてみましたが、今回は購入の場合、一戸建てがいいのか、マンションがいいのか、考えてみました。
一戸建てもマンションもそれぞれに魅力がありますよね。
結局大切なのは、購入or賃貸と同様、どちらがよりご自身のライフスタイルや将来設計に合っているか、ということ。
まずは、それぞれの違いを比較してみることから始めたらいいのでは?
ということで、情報を整理してみましたので、どちらがご自身に合うかを考える際の参考にしてみてください。

一戸建てのメリット

■騒音問題
子供が走り回っても、泣き叫んでも、周囲のことをあまり気にしなくていい。自分の家から出る音に気を遣わなくていいのは、小さなお子さんをお持ちの方にとっては重要なポイント。
隣家や道路など、外からの音も多少はありますが、マンションのように上下階や隣の家からの音に悩まされるリスクは低いでしょう。

■採光
一戸建ての場合は、北向きで採光が期待できない部屋でも、東西に窓を設ける、トップライトをつける、吹き抜けにする、窓を大きくするなどの工夫で、明るく開放感のある室内にすることも可能。

■通風
一戸建ては各所に窓を設けることができるので、通風を確保しやすい。
間取りを工夫することで、より家の中で風を感じることができる空間にすることも可能。

■間取り・デザインの自由度
広く明るい浴室、趣味に没頭できる書斎、吹き抜けのリビングルーム、憧れのアイランドキッチン...思い通りの間取り、デザイン、建築資材で夢が実現。
つくりだけでなく、暮らし方も自由。もちろん、将来のリフォームも建て替えも思いのままに。

■広さの確保
多少土地が狭くても、上に伸びることが可能。階によって役割を持たせ、それに合わせて雰囲気を変えるなんてこともできますね。他にも、ロフトや屋根裏収納は、床面から天井までの高さが1.5m未満であれば、床面積に入らないため、固定資産税もかかりません。一戸建ての場合は、1階にも2階にも、自由に床下収納が設置可能です。

■駐車場
一戸建ての場合は、敷地内に駐車場を作ることも可能で、マンションのように、駐車場が足りない、屋根がない駐車場しかない、というような心配もなく、別途駐輪場やバイク置き場に月額費を払う必要もありません。

マンションのメリット

■利便性
駅に近い場所で一戸建てを探すのはやはり難しい。でもマンションなら駅ウエなんて物件も多いし、大型マンションならスーパーやクリニックなども敷地内に。利便性を重視したい方にはGood!

■構造躯体
耐震性や耐久性を考えるとやはりマンションに安心感がありますよね。火災のリスクが低いのも利点。適切な維持管理と修繕がなされていれば、構造躯体はおおむね75年〜90年にわたる耐久年数を保つ対策が講じられているとか。

■暖かさ!
意外と多かった意見がこれ。気密性の高いマンションは暖房効率がいいし、お隣や階下&階上の熱も享受。

■セキュリティ
常駐の管理人さんがいればベスト。でもオートロックだけでも安心ですよね。防犯カメラも設置されているので、外出の際もドアの鍵さえ施錠しておけば、空き巣などのリスクも最小限に抑えられますね。

■管理・メンテナンス
管理費は支払わなくていけませんが、ロビーや階段など共有部分の清掃はもちろんのこと、マンション内にゴミ集積場があれば、ゴミ出しも24時間OK。宅配ボックスが設置されているマンションも多く、共働きなど留守がちのお宅は宅配便の受け取りが楽に。

■眺望
タワーマンションの上位階の部屋からは、素敵な眺望を得られるかも。夏の花火大会は土手ではなく、部屋から見物、なんてことも夢じゃない。

■ワンフロア
階段がなくて、バリアフリー、となれば老後も安心して住めますね。バリアフリー設計の住宅も多く、妊娠中や老後も安心です。また、移動範囲が狭く、掃除が楽、というメリットもあります。

資産価値はどう考える?

マンションと一戸建て、それぞれのメリットがおおよそわかったところで、資産価値はどうなのでしょう?
評価のしかたや考え方によって異なるようでちょっと難しそうですね。

一戸建ての場合は、22年で建物の価値はほぼゼロになってしまう。固定資産税の減価償却期間が22年に設定されているのが、その理由らしい。ただし、土地については土地の価格動向に左右されるものの、一定の資産価値を保ち続けることができる。建物もメンテナンスの状況によっては価値を保てる。有名建築家の“作品”的な建物は、固定資産税の減価償却期間とは関係なく、売買の際、かなりの資産価値を持つかも。
そういった付加価値は別として、固定資産税の償却期間の観点から見れば、建物の価値は22年というのが、ひとつの目安になる。
でも、土地は別。土地さえあれば、建て替えてアパート経営をしたり、1階をカフェに改装したり、貸家にしたり、収入を得ることができる。そういう意味で、土地はまさに資産と言えるかも。

新築マンションの場合、建物は一戸建ての2倍以上の期間(47年)をかけて償却(固定資産税)していくらしい。それだけ耐用年数が長いということではあるが...
土地については、敷地全体の評価額にマンションの区分所有者が有する敷地権の割合を乗じたものが土地の持分となるため、階数が高く、戸数が多いマンションほど、土地の持分は小さく、土地の評価額は低くなるという考え方らしい。
このため、土地の持ち分が少ないマンションの場合、築年が経過して建物の価値がほぼゼロになったときには、マンションの資産価値はほぼゼロになってしまうということになる。ただし、これも一戸建ての建物同様、あくまでも固定資産税の償却期間上という意味で、メンテナンスや建物の経歴によっては資産価値が維持される可能性もある。
とは言え、一般的には土地の価値が重視され、一戸建ての方が資産価値は落ちにくいと言われているよう。ただ、転売ではなく相続の局面で考えれば、マンションのほうが評価が低く、相続税が抑えられるとも言えるかも。

マイホームを購入するにあたり、資産価値は非常に重要なポイント。万が一ローンが払えなくなったり、突然の転勤で売却や賃貸に出すことになった場合に、マイホームが、大切な家族を守るのに大きな役割を果たすことになるかも。住環境だけでなく、資産としての価値も視野に入れて検討しましょう。