働く女性の「いま」を応援する情報サイト

Lady GO!! キャリア応援部

Money[マネー]

Photo
Photo

見直してみると便利な「デビットカード」

最近、テレビで「デビットカード」のCMが流れています。
クレジットカードでもなくキャッシュカードでもない?
使い方はクレジットカードに近いけれど、代金が後日まとめて請求されるのではなく、銀行の預金口座から直接引き落とされるようです。
クレジット会社や銀行などの金融機関が次々に参入しているデビットカード。家計管理に便利という宣伝文句にも惹かれますよね。
早めにメリットやデメリットを調べて、上手に活用しましょう。

デビットカードとは

デビットカードとは、クレジットカードのように店頭やネットショッピングなどで使えるカードのことで、銀行などの金融機関が発行しており、大手クレジット会社のネットワークを使って決済されるもの、との説明。
クレジットカードとの違いは、代金が銀行の預金口座から直接引き落とされる点らしい。
デビットカードで買い物をすると、クレジットカードと同様にカードを機械に通し、暗証番号の入力またはサインで支払い完了とのこと。キャッシュカードがそのままデビットカードの機能を持つものもあるらしい。
使い方はクレジットカードとほとんど同じ。すぐに決済されるか、まとめて請求された後、指定日に決済されるかの違いだけのようです。
では、どんなメリットがあるのでしょうか?

メリット
  • 即時決済なので使用額が把握できる
    口座にお金がなければ決済できないので、クレジットカードのように持ち金を超える買い物を防止できるということか。
    つまり、「限度額=口座残高」となるので、支払えない買い物はできないことになる。
    買い物の直後に引き落とされるので、まとめて引き落とされるクレジットカードより支出金額が把握しやすいし、通帳記入しておけば買い物した日付も金額もすぐに確認できて便利。
    ついつい買っちゃうショッピングマニアには、いい仕組みかも。
  • メールで利用通知が届く
    デビットカードを使用すると、登録してあるメールアドレスに利用通知が届く仕組みになっているので、身に覚えのない支払いなど不正利用にすぐ気づく、というメリットもあるらしい。
    利用メールが届くと、「お金を使った感」があって、使いすぎを抑制する効果があるかもしれませんね。
  • 家計簿アプリとの連携で家計管理が便利に
    残高以上に使えないだけでも赤字体質から脱却できそうだけど、家計簿アプリと併用するとさらに家計管理が容易になるらしい。

高速道路やガソリンスタンドで使えなかったり、ポイントなど還元率がクレジットカードに劣るなど、デメリットと思える点もあるようだけど、無駄に現金を持ち歩かなくていいし、海外の加盟店で使えるのはとても便利そう。
浪費家のわたしは使いすぎ予防ができる点に大いに興味を持ちました。
時間外に口座から現金をおろす時の手数料も手間もなくなるし、忙しい方にはメリットも多いかもしれません。
日本ではまだまだクレジットカードが主流とのことですが、海外では広く普及している仕組みだそう。現金に替わる支払い方法として考えてみるのはいいかもしれませんね。
引き続き研究してみます。