働く女性の「いま」を応援する情報サイト

Lady GO!! キャリア応援部

Money[マネー]

Photo
Photo

レディースデーでお得に楽しく

映画を観るなら水曜日、旅行の計画はレディースプランをチェックしてから、女子会のお店は女子会プランのあるお店、朝の通勤は女性専用車両... 気がつけば、我々女子は何かと優遇されていますよね。
男性にとっては不公平感があるかもしれませんが、女性にとっては大歓迎!
上手に利用すれば、節約にも効果大。
節約できた分はご主人や彼氏に還元すれば、みんなハッピーです。
でも、こんなに割引きして提供側は損をしないのだろうか?
単純に喜んでいたけど、考えてみれば、そこにはどんな狙いがあるのか、どんな業界がレディースデーやレディースプランを実施しているのか、など疑問が...
ということで、今回はレディースデーについて調べてみました。

レディースデーの狙いと効果

例えば、映画の場合。
レディースデーの入場料は1,100円としているところが多く、通常料金より700円も安いですね。
そもそも、なぜ通常料金が1,800円なのかはよく知りませんが、とにかくレディースデーは700円安く映画を観ることができます。
調べてみると、映画館は決められたタイムテーブルどおりに上映するので、ガラガラでも満席でも電気代などのランニングコストの額は同じ。だったら入場料を下げても、観客を増やしてコストを回収しようということでレディースデーが生まれたのではないか、という解説を発見。
わたしの場合、確かに「映画を観るならレディースデーに」と思うのは当然ながら、「絶対に観たいというほどではないけど、レディースデーだから観てみようか」と思うこともあり、結果的に映画館に行く機会が増えています。
また、レディースデーは大概水曜日など一般的に客足が落ちそうな平日ですので、映画館側としたら、多少無理をしてでも集客したいはず。実際、レディースデーは混雑していることが多く、上映されている映画や時期によるとしても、ある程度映画館側の狙いは達成できると言えそうです。
さらに、700円も安くなって得をしたので、売店で飲み物やポップコーンなどを買おうという女性が多ければ、入場料の割引分を売店での収入でカバーすることができているかもしれませんね。
わたしはレディースデーが多い水曜日に、残業も友人との約束もない場合、フラッと会社帰りに映画を観に行くことがあります。半ば時間潰しではありますが、思いがけず良い映画にあたることも少なくなく、密やかな楽しみになっています。
レディースデーがなければ観ることもなかった良い映画に出会えた、と考えると、わたしにとっては大きなメリットです。
その他飲食店や娯楽施設などでは、女性客を積極的に受け入れることで、同行する男性客も呼び込むことや、普段利用しない女性客に利用してもらうことを目的に、レディースデーやレディースプランを設定しているようです。

レディースデー・レディースプランの種類

実際にどんなレディースデーやレディースプランがあるのか調べてみました。

  • ホテル・旅行
    エステが付いたり、朝食が付いたり、割引があったり、とにかく「レディースプラン」で検索したらヒット多数。旅行を計画する時の「レディースプラン」チェックは、もはや常識ですね。
  • 商業施設
    「ハッピー・ウーマンデー」と称して、毎週月曜日をレディースデーとしている商業ビルがあります。きっと「ウーマン」と「マンデー」をかけているんでしょうね。内容は買い物するとノベルティがもらえたり、ポイントが2倍になったり、飲食店ではワンドリンクがサービスになったり、かなりの充実ぶり。
  • 遊園地
    アトラクションの乗り放題チケットが割引になったり、付帯施設の入場料が割引になったり、飲食店ではデザート割引も。
  • 飲食店
    多くのお店に女子会プランがあり、個室利用やデザート食べ放題など女子が盛り上がるプランがいっぱい。
  • コンビニ
    特定の曜日に女性がそのコンビニのカードを提示もしくは使用して買い物すると、ポイントが2倍になるそう。
  • ネットショップ
    大手ネットモールの書籍ストアでは、特定曜日に女性限定の割引クーポンをプレゼントしている。
  • 野球場
    先着順で限定数の女性客に景品がプレゼントされる。

これ以外にも、とにかく多くのレディースデーが存在します。
何かを買う、何かをする、その前には必ずレディースデーがあるかどうか、チェックしたほうがよさそうです。

割引や特典などに弱い女性心理を狙って、あの手この手で女性客を呼びこもうとする事業者と、少しでも得をして時間もお金も有効に使いたい女性達との利害が一致しているのかもしれないですね。
事業者の狙いを理解しつつ、レディースデー&レディースプランの特典を享受して、賢く楽しみたいものです。