働く女性の「いま」を応援する情報サイト

Lady GO!! キャリア応援部

Money[マネー]

Photo
Photo

知っておこう! セルフメディケーション税制

皆さん、「セルフメディケーション税制」をご存知ですか?
確定申告で医療費控除を受けようかと、いろいろ調べていて知りました。
今年1月1日から始まった、特定の医薬品に対する新しい税制だそうです。医療費控除の特例ということです。市販薬を一定額以上購入したときに受けることができる所得控除のようです。医療費控除同様、自分で申請しないと控除を受けることができない税制です。内容を理解しておいたほうが良さそうです。
調べた内容をまとめてみました。

セルフメディケーション税制とは

厚生労働省のHPの概要を要約すると、控除対象となる年に、健康診断や予防接種などを受けた個人が、薬局などで対象の市販薬を年間12,000円を超えて購入した(家族購入分も含めて)場合、受けることができる所得控除、ということのようです。
セルフメディケーションとは、世界保健機関(WHO)において、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当すること」と定義されているそうです。セルフメディケーション税制は、国民であるわたしたちが、このセルフメディケーションに積極的に取り組む環境を整えるための施策のひとつのようです。
また、このセルフメディケーション税制と医療費控除は同時に利用することができないとのこと。ここは大きなポイントですね。
医療費控除は実際に支払った医療費から、保険金などで補填される金額を差し引いた金額が10万円を超えた場合、超過した金額を所得から控除できるというものです。医療費が10万円を超えるのは、入院したり長く通院しないと難しいですよね。その点、セルフメディケーション税制は対象の医薬品を12,000円を超えて購入すれば申告できる、ということですので、より身近になった気がします。

税制の内容

セルフメディケーション税制の適用要件をまとめると...
・所得税と住民税を納めている
・1年間の間に、申告者が健康の維持増進、疾病予防への取り組みとして、予防接種・定期健康診断・がん検査などを行っている
・1年間の間に自分もしくは生計を一にする配偶者その他親族のために、対象となるOTC医薬品を12,000円を超えて購入している
以上の要件すべてに該当する人(扶養家族を含む)が、対象となる市販薬を1年間に12,000円を超えて購入した場合、その超えた部分の金額が88,000円を上限として、対象となるそうです。
対象の医薬品は厚生労働省のHPで確認することも可能ですが、商品に共通のマークが入っていますし、薬局・ドラッグストアのレシートにも明記されているようです。
〈共通識別マーク〉
セルフメディケーション

繰り返しになりますが、医療費控除は年間10万円を超える医療費が発生した場合、セルフメディケーション税制は対象医薬品の購入額が年間12,000円を超える場合に控除対象となります。二つの違いを理解して適切に申告しましょう。
そのためにも病院、薬局などの領収書・レシートは、必ず保管を。

詳細は厚生労働省のHPをチェックしてください。 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html