ライフコンサルタントとは?

お客さまと
ご家族の安心をサポートする
生命保険の専門家

ケガや病気で働けなくなったらどうしよう。もし自分に万一のことがあったら家族はどうなるんだろう。
そんな「いざ」というときに人生を支えてくれるものが保険です。
しかし、生命保険は目に見えず、実体のない商品です。そのため、多くの人が保険の必要性や価値に気がついていません。
そこで重要になるのが、生命保険の専門家「ライフコンサルタント」なのです。

ライフコンサルタントの使命

お客さまがいま、何を必要としているのか、将来何が必要になるのかを考え、ご提案すること。
そして万が一の場合に、お客さまの大切なご家族をお守りすること。
保険金には、保険に加入されたお客さまのご家族への「想い」が込められています。
お客さまの「想い」を、ご家族のもとへ責任を持ってお届けすること。それが、私たちライフコンサルタントの使命です。

仕事の内容

ライフプランニング」と「ファイナンシャル・プランニング」に基づき、それぞれのお客さまのニーズ、
ご意向に沿った保障プラン、商品をご提案します。
そして、万が一の場合に、迅速に保険金・給付金などをお支払いし、大切なご家族をお守りします。
これらの職務を生命保険の専門家として、お客さまの立場になって遂行するプロフェッショナルをライフコンサルタントと言います。

用語解説

ライフプランニングとは

人生には、出生から成長、結婚、育児、老後などのライフステージがあり、その流れを「ライフサイクル」と呼びます。
それぞれのステージにおいて必要な費用があり、あらかじめ準備しておくことが大切です。
お客さまがその準備をするにあたり、計画的かつ有効な方法を専門的な立場から提案する。これを「ライフプランニング」と言います。

ファイナンシャル・プランニングとは

お客さまの資産状況、経済環境、価値観などに合わせて、その資産を守り育てていくことも大切です。
幅広い金融知識や情報からマネープランのアドバイスを行う。
これを「ファイナンシャル・プランニング」と言い、その専門家を「ファイナンシャル・プランナー」と呼びます。

ライフコンサルタントの1日

09:00

朝礼

事務連絡をはじめ、商品知識の勉強や仲間と成功事例を共有するなど盛りだくさんの朝礼です。
朝礼後はタブレット型情報端末でお客さまからのメールチェックや本日の予定を確認し、訪問の準備をします。

10:00

担当地区での活動

担当地区のお客さま宅や事業所を訪問し、ご契約内容の確認などを行います。

12:00

企業訪問

担当企業のお昼休みに訪問し、情報誌などのお届けやキャンペーンのご案内、アンケートなどによる情報収集を行います。

13:00

昼食

14:00

担当地区での活動

午前中の活動と同様に、担当地区のお客さま宅などを訪問し、各種お手続きやお客さまの保障に関する意向をお伺いするなどの情報収集を行います。

16:00

帰社 報告・相談

タブレット型情報端末に1日の活動結果を入力後、上司に活動報告を行い、お客さまからの照会や提案内容などのアドバイスを受けます。
その後、翌日以降の予定を立て、翌日の訪問準備やお客さまへ面談アポイントの連絡をします。

17:00

退勤

※上記のスケジュールは一例です