保険金・給付金をご請求いただく場合

当社において複数のご契約にご加入いただいている場合

ご契約者は異なるが、他に被保険者となっているご契約がある場合

ご自身が被保険者となっている他のご契約の保険金・給付金をご請求いただいていない場合があります。

<ご請求事例>

終身保険と年金保険に加入し、それぞれ疾病入院特約を付加していたが、年金保険の入院給付金を請求していなかった。

<ご請求について>

保険金・給付金のご請求は、契約毎に必要です。ご契約者が他の方の場合もあります。
ご請求時にはご自身が被保険者となられているご契約をご確認ください。
なお、1枚の診断書のご提出で複数のご契約のお手続きが可能です。

ご家族を保障の対象範囲とする特約(ファミリー保障特約等)を付加されている場合

被保険者となっている他のご契約の給付金をご請求いただいていない場合があります。

<ご請求事例>

お子様を被保険者とする子ども保険に加入し、疾病入院特約を付加していたが、別契約でファミリー保障特約「妻(配偶者)・子型」の給付金請求をしていなかった。

<ご請求について>

主契約の被保険者のご家族まであわせて保障する「ファミリー保障特約(2007)」があります。
この特約を付加されているご家族の方のご請求について、請求漏れが生じやすくなっていますので、保険証券で特約の型をご確認ください。

  • ※ファミリー保障特約には「妻子型」、「妻型」、「子型」
  • ※ファミリー保障特約2007には「配偶者子型」、「配偶者型」、「子型」があります。

※お手持ちの保険証券をご確認ください。

ご契約内容の確認方法についてはこちら