ガン治療サポート給付金とは

ガンと診断されたとき、およびその後のガン治療を受けられた場合に(1年に1回を限度で)お支払いする給付金です。(ガン治療サポート特約を付加されている場合に限ります。)

  • 1.以下 (ア)〜(ウ)に該当した場合に、お支払いの対象となります。

    • (ア)ガンに罹患したと診断確定された場合
    • (イ)ガンと診断確定された後にガンの治療を目的とする入院を開始した場合
    • (ウ)ガンと診断確定された後にガンの治療を目的とする通院を開始した場合
  • 2.前回支払いのあったガン治療サポート給付金の支払事由該当日から1年以内に該当した場合は、お支払いの対象外となります(1年に1回を限度でお支払いします)。
  • 3.前回支払いのあったガン治療サポート給付金の支払事由該当日から1年を経過した時点でガンの治療を目的とする入院中の場合は、1年の期間が満了した日の翌日にガンの治療を目的とする入院を開始したものとみなします。
  • (注1) 次に定める入院は、「ガンの治療を目的とする入院」には該当しません。

    • ・単に服薬している等の通院でも可能な治療のみの入院
    • ・ガンの治療処置を伴わない診断・検査または経過観察のための入院
    • ・ガンの治療過程で行われた手術または検査等によって生じた合併症・後遺症の治療を目的とする入院
  • (注2) 次に定める通院は、「ガンの治療を目的とする通院」には該当しません。

    • ・ガンの治療処置を伴わない薬剤・治療材料の購入・受取のみの通院
    • ・ガンの治療措置を伴わない診断・検査または経過観察のための通院
    • ・ガンの治療過程で行われた手術または検査等によって生じた合併症・後遺症の治療を目的とする通院
  • (注3) 次に定める場合は、この特約を無効とし、ガン治療サポート給付金をお支払いしません。

    • ・責任開始の日より前にガンと診断されていた場合
    • ・責任開始の日からその日を含めて90日の間にガンと診断された場合
お支払いできる・お支払いできない場合の具体例