保険金・給付金をお支払いできないその他の場合について

  • 1.高度障害保険金・入院給付金等は、ご契約(特約)の責任開始日以後に発生した不慮の事故による傷害、発病した病気を原因とする場合をお支払いの対象としています。
  • 2.責任開始日前の事故や責任開始日前に発病した病気を原因とする場合には高度障害保険金・入院給付金等はお支払いできません。ただし、責任開始日から2年を経過して開始した入院・手術については、責任開始日前の事故や病気を原因とするものでも給付金をお支払いすることがあります。
お支払いできる場合の一例
お支払いできない場合の一例

生命保険契約において、お申込(復活・特約の増額・型変更等を含みます)をいただく際に、契約者や被保険者に健康状態等について正しく「告知」をいただいていない場合、ご契約の全部または一部を「解除」させていただくことがあります。

  • 1.ご契約者や被保険者さまには健康状態等について告知をしていただく義務(告知義務)があります。
  • 2.ご契約にあたっては、過去の傷病歴(傷病名・治療期間等)、現在の健康状態、身体の障害状態、職業等、「告知書」で当社がおたずねすることについて事実をありのまま正確に漏れなくご記入(告知)いただく必要があります。また、当社所定の医師による診査を受けられる際には医師が口頭でおたずねすることについて、同様に事実をありのまま正確に漏れなくお伝え(告知)いただく必要があります。事実を告知いただけなかった場合、ご契約の加入の際に正しいお引き受け判断ができず、ご加入後にご契約の全部または一部を解除せざるを得なくなるなど、ご迷惑をお掛けすることになります。
  • 3.告知をお受けできる権利(告知受領権)は生命保険会社および生命保険会社が指定した医師が有しています。生命保険募集人(代理店を含みます。以下同じ。)・生命保険面接士は告知受領権がなく、生命保険募集人・生命保険面接士に口頭でお話しまたは資料提示されただけでは告知していただいたことにはなりませんので、ご注意ください。
  • 1.書面(告知書)でおたずねする事項について、故意または重大な過失によって事実を告知しなかったり、事実と異なる内容を告知された場合(告知義務違反)には、契約または特約の責任開始日(復活されている場合は復活の際の責任開始日)から2年以内であれば、保険金等をお支払いできなかったり、また、ご契約(特約)が解除となることがあります。
  • 2.責任開始日から2年を経過していても、責任開始日から2年以内に保険金等の支払事由が発生しているときは、同様に保険金等をお支払いできなかったり、また、ご契約(特約)が解除となることがあります。
お支払いできる場合の一例
お支払いできない場合の一例

契約者または被保険者の詐欺によりご契約の締結・復活等が行われたものと認められるために、ご契約または特約が無効とされた場合は保険金・給付金はお受取りいただけません。この場合、既にお払込みいただいた保険料は払い戻されません。

ご契約締結の状況、ご契約の成立後の保険金・給付金(保険料のお払い込みの免除を含みます)の請求の状況等から、契約者が保険金・給付金を不法に取得する目的または他人に保険金・給付金を不法に取得させる目的でご契約の締結・復活等をされたものと認められるためにご契約または特約が無効とされた場合は、保険金・給付金はお受取りいただけません。この場合、既にお払込みいただいた保険料は払い戻されません。

次のような事由に該当し、ご契約または付加している特約を解除した場合、保険金・給付金をお受取りいただける事由が発生していてもこれをお受取りいただくことはできません。

  • 1.契約者、被保険者または保険金受取人が保険金・給付金(保険料のお払い込みの免除を含みます)を詐取させる目的または第三者に詐取させる目的で事故招致をしたとき。
  • 2.保険金・給付金の請求に関し、保険金・給付金の受取人に詐欺があったとき。
    ご契約の重複により給付金額等の合計額が著しく過大で保険制度の目的に反する状態がもたらされるおそれがあるとき。
  • 3.その他ご契約または付加している特約を継続することを期待しえない上記1 2 3と同時の事由があるとき。
  • ※保険金・給付金のご請求漏れが発生しやすい場合をわかりやすく説明するために、代表的な事例をあげたものです。
    ご契約の保険種類・ご加入時期等によって取扱いが異なる場合がありますので、必ず、「保険証券」、「ご契約のしおり−約款」などでご加入の契約内容をご確認ください。また、記載以外に認められる事実関係等によっても取扱いに違いが生じることがあります。