苗木プレゼントHISTORY

1974年

第1回
「こわさないでください。自然。愛。いのち。」のテーマのもと、人々の健康を保つために果たす緑化運動の一助として苗木プレゼントを開始しました。

1983年 大手町サラリーマンやOLで、瞬くまに苗木の箱は空になった

第10回
10回目という節目を契機に、店頭および街頭での苗木配布や公共団体への苗木配布をさらに強化するなどの幅広い活動展開を目的に、グリーンキャンペーンを実施しました。

1988年

第15回
「ふるさとの木」というテーマのもと、一般のご家庭や学校・病院などにその所在地のふるさとの木を贈呈しました。

1990年

第17回
花の万博や、エコロジー・ブームの中、第1回からの通算で贈呈本数が350万本に達しました。

1993年

第20回
「四季を彩る花木20選」をテーマに、20種類の苗木を配布しました。

1995年 阪神・淡路大震災に寄贈した苗木

第22回
阪神・淡路大震災被災地の復興支援と環境保全を目的として、兵庫県阪神・淡路大震災復興本部に対し街路樹を1万本寄贈しました。

1998年

第25回
贈呈本数が400万本に達する。これを記念して、自然保護活動を支援する目的で、全国各地で緑化推進活動を行っている環境NGO団体「地球緑化センター」へ寄付を行いました。

2003年

第30回
30周年を記念して、第1回苗木プレゼントにて苗木をお届けした「こども福祉医療センター」に苗木を寄贈しました。

2007年

第34回
週刊文春に応募受付広告を掲載し、お葉書きでの応募受付を実施しました。

2011年〜 福島県の小学校に苗木を寄贈

第38回〜
東日本大震災被災地の復興支援として、岩手県、宮城県、福島県にお住まいの方のお申込に対して優先的に対応し、第40回からは東日本大震災被災地の学校・公園からお申込を募り、苗木を寄贈しています。

苗木写真紹介

全国各地で愛情を注がれ、すくすく育った苗木たちの今をご紹介します。

大きくなったね。これからどんなに大きくなるんだろう。キレイに育ててくれてありがとう。
キレイなお花が咲いたね。元気に育ってるね。黄色いお花がキレイだね。