法令等に基づき限定されている特定の個人情報の利用目的
 個人信用情報機関より提供を受けた個人信用情報については、保険業法施行規則により、返済能力の調査に利用目的が限定されています。また、保健医療等の機微(センシティブ)情報については、保険業法施行規則にもとづき、業務の適切な運営の確保その他必要と認められる目的に利用目的が限定されています。
これらの情報は、限定されている目的以外では利用しません。
※尚、「機微(センシティブ)情報」とは、保険業法施行規則第53条の10に定める特別の非公開情報をいいます。
前のページへ