人を知る

人を知る

インタビュー

中村 湖子なかむら ここ
東京プラネット事業部
プレーヤー

<経歴>

2016年
入社

Q.現在の仕事内容を教えてください。

官公庁で働く職員の方にお声掛けし、死亡保障や医療保障、資産形成といった保険商品を提案しています。契約後はアフターフォローも行っています。営業に行くのは、職員の方のお昼休みと定時後ですが、それ以外の時間も事前準備のために大切な時間。午前中は、毎日配っているオリジナルのチラシに何を書くか、何を話すかを考えています。先日、お子さんが生まれる方に営業に行くとき、赤ちゃんの名前ランキングをネタに書きました。ちょっとしたことがきっかけになって仕事につながるので、時事ネタのチェックは欠かせません。保険は商品がお客さまに合っているかで決まる部分もありますが、直接お会いしたうえで「任せられる」と思われることで契約につながる部分が大きいもの。さまざまなお客さまと人間関係を築いていくのが仕事だと思っています。

Q.お仕事のむずかしさとやりがいはどこですか?

人と関係をつくる仕事なので、マニュアルは通用しません。とはいえ、1つ1つのプロセスをこなしていくことが契約に結びつくもの。私はアポイントがないときでも官公庁に出向くようにしています。一見、意味がないように思えますが、毎回誰かしらにお会いできたり、アンケートに答えてもらえたり、成果はゼロではありません。当社は、契約数だけでなく、アンケート回収数やアポイント数、設計書の提案数でも評価してもらえますし、実際にプロセスを重ねれば契約も増えるもの。がんばったら必ず数字という結果になるところが、やりがいにつながっています。

Q.東京プラネットはどんな雰囲気の職場ですか?

若いスタッフが多く、トレーナーも先輩も年齢が近いので、どんなことでも相談しやすい雰囲気があります。1年目は同じチームの1つ上に優秀な先輩がいて、身近な憧れの存在でした。その先輩を見て、営業は準備をしたら結果がついてくるということを学びました。今も営業の行き帰りに一緒になることも多いのでアドバイスをもらっています。トレーナーはもちろん頼りになりますが、別のチームであっても先輩には、わからないことを教えてもらえる環境です。就職活動のときに、OG懇談会があったのですが、そのときのなごやかな雰囲気が入社の決め手。入社してから現在まで、先輩とも上司とも、そのアットホームさは変わりません。目標を達成したときには、この仲間でわいわいと食事に出かけるのが楽しみです。

仕事の必須アイテム

手帳・フリスクケース

仕事用の手帳は、1日1ページのタイプを使っています。アポイントなどのスケジュールを書き込めるのはもちろん、空いたスペースにTo Doリストや朝礼で言われたことをメモ。土日のスペースは大事なことを書いてお客さまに会う直前に見返します。フリスクは大好きなキャラクターのケースで持ち運び、お客さまと会う前にエチケット&リラックスのために食べています。