ファイナンシャル・アドバイザーのご紹介

田島 恭子(たじま きょうこ)

エグゼクティブ・ファイナンシャル・アドバイザー田島 恭子(たじま きょうこ)
【主な保有資格】
CFP®
1級ファイナンシャル・プランニング技能士

私はこんな人です。

専業主婦からパートで仕事復帰し、その後、ファイナンシャル・アドバイザーに転職しました。
夫と息子2人の4人家族です。息子たちは成人し、家を出たので、現在は夫との2人暮らし。新婚以来の夫との2人の生活を、最近また楽しんでいます。

趣味は旅行、登山、マラソン、音楽鑑賞、合唱など。

とにかく旅行が好きです。好奇心旺盛でいろいろな場所に行ってみたいと思っています。
20代の頃、リュックを背負ってイギリス、ドイツ、スイス、フランス、イタリアなどヨーロッパ各地を旅しました。自分の足で歩いたことによって、地元の人との交流もあり、かけがえのない大切な思い出となっています。国内では、北海道の知床や沖縄の石垣島など、基本的に自然が多いところが好きです。

登山は北アルプスに行くことが多く、白馬の唐松岳、西穂高岳などに登りました。北海道では、旭岳、羅臼岳に登り、目標を実現することの達成感と、目の前に広がる360度のパノラマ、絶景に魅了されています。今後は南アルプス、東北の山にも行きたいと思っています。
そして最近始めたマラソン。現在の目標は、ハワイのホノルルマラソンに出ることです。

私がファイナンシャル・アドバイザーになった理由

結婚以来、ずっと家計簿をつけていました。家計簿は1年ごとの収支の確認ですが、その年のことだけでなく、ライフイベント、子どもの入学や車の買換え、海外旅行の費用など、どのくらいをいつまでに準備をしたらいいのか、といったところまで考えることの重要性を、次第に感じ始めました。

また、自分でも金融や税金、保険の知識を身につけたいと思っていたところ、ファイナンシャル・プランナーの資格が目に留まり、勉強を始めました。勉強を始めると奥が深く、知らないと損をすることが世の中たくさんあるんだ、ということを学びました。この知識を多くの方にお伝えしたい、自分自身だけでなく、お客さまの夢や目標達成のお手伝いをしたいと思うようになりました。これが、私がファイナンシャル・アドバイザーになったきっかけです。

ファイナンシャル・アドバイザーとしての私のモットー

私の仕事は、お客さまの問題を解決し、夢や目標を叶え、笑顔で安心した人生を歩んでいただくために、サポートをすることです。

例えば、「収入はある程度あるのに、なぜか貯蓄ができない」とか「子どもの教育費は何とかなるけど、住宅ローンが残り、老後が心配だ」「今はまだ元気だけど、いつ何があるかわからないし、そろそろ相続のことも考えたい」など。

主役はあくまでもお客さま。先行き不透明な時代、お客さまの将来の漠然とした不安を一緒に考え、適切なアドバイスをし、易しい言葉でわかりやすく、お話いたします。
いつも笑顔、リラックスできる雰囲気の中で、お客さまのお話を聴かせていただいています。

ひとこと

「一期一会」

私にとってお客さまとの出会いは、大切な宝物。そのご縁を大事に、長いお付き合いをしていきたいと思っています。お客さまに感謝をしていただけた時、「ありがとう」と言っていただいた時が、本当に嬉しいです。

「お客さまの声」ハガキより、実際にお客さまからいただいた、生の声です。

「お金は現実を教えてくれるのも、田島さんに教えてもらった感じです。これからも困ったことやわからないことを相談できる人が出来て本当に心強いです。」(川崎市 aqua様)
「FAさんには我が家の現状を全てお見せするので、この人なら、という信用のおける方にしかお任せできませんが、今回お願いした田島さんは、私が心から「お願いしよう」と思える方です。頼りにしていますので、どうぞよろしくお願いします。」(板橋区 S.A.様)

私自身、この仕事を続けていけることに感謝をし、お客さまとともに日々成長し続けたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。