面談の流れ ご相談からプランニングまで、面談は数回にわたるのが普通です。どのように面談が進んでいくのかを、まとめました。

ファイナンシャル・アドバイザーへ面談をご予約いただいたのち(※)、次のステップでファイナンシャル・プランニングを進 めてまいります。

各種ファイナンシャル・プランの作成については、初回の面談時にご判断ください。

家計全般にわたりトータルな視点でのアドバイスをご希望の場合(推奨)

ファイナンシャル・アドバイスの効果を多岐にわたって受けられるものです。
全体で3〜5回程度の面談が必要となることが多いようです。
1回の面談につき、お客さまの状況により1〜2時間程かかります。

「初回の面談」から「実行援助の面談」まで、通常1カ月程を要します。

1回目:初回面談(目標設定など)

PMMサービスがお客さまにとって役立てるか、お客さまの夢やご不安、懸念点などお話を伺いながら確認します。この段階で、ファイナンシャル・プランの作成をご判断ください。もちろん不要と判断された場合はお断りいただいて構いません。

ファイナンシャル・プランニングをご依頼いただいた場合は、お客さまの金融資産に関する情報の記入シート(プロファイリングシート)をお渡しします。次回の面談で使用しますので、それまでにご記入をお願いしています。

「とりあえず話を聞いてみたい」という方も歓迎です。
どうぞお気軽にご相談ください

2回目:目標設定(続)/情報収集

(1)目標設定

初回面談でお伺いした夢や目標について、その優先順位や想いの程度までご確認させていただきます。
分析の結果、夢や目標を達成するために何らかの対策が必要となった場合、アドバイザーはそのために必要な改善策を検討します。

(2)情報収集

前回お渡ししたプロファイリングシートをご持参ください。その内容について確認いたします。お客さまの想いを確認し、正確な情報をご提示いただくことで、その後のプラン提案はよりお客さまにマッチしたものとなります。是非、詳細な想いをお聞かせください。

なお、初回面談と2回目の目標設定/情報収集を、1回の面談で行うこともあります。

情報分析(アドバイザーが行います)

ファイナンシャル・アドバイザーが、お客さまからご提示いただいた情報を基に分析を行い、夢や目標が達成できるよう、対策を練ります。

3回目:提案

お客さまにとっての最適な対策をまとめた提案書(PMMプランなど)をお渡しし、詳細をご説明します。
なお、このステップの面談は2回にわたる場合もあります。

4回目:実行援助

提案に基づき、保険の見直し・ご加入などをサポートいたします。

5回目:状況確認

プランの進捗状況やお客さまの経済状況の変化などをお聞きして、対策に修正が必要ないかなどを確認します。頻度はお客さまによって異なりますが、年に1回程度は行うことが理想です。
なお、ファイナンシャル・プラン作成時と状況が大きく変化した場合は、プランを作り直すことも肝要です。

このように面談を繰り返すことで、お客さまとの長期的な信頼関係のもとに、お客さまの夢の実現をお手伝いします。

個々の分野のみご相談希望の場合

資産運用のご相談、保険の見直し、相続対策のアドバイスなど、特定の分野のみのご相談も承っております。その場合、上記と面談回数は異なります(1回〜十数回)。