PMMサービスの「6つのプロセス」PMMサービスは、「6つのプロセス」に沿って、専任のアドバイザーが生涯のパートナーとしてきめ細やかにアドバイスを進め、フォローをいたします。

PMMサービスは、「6つのプロセス」に沿って、アドバイスを進めます。

1 目標設定 2 情報収集 3 情報分析 4 提案 5 実行援助 6 状況確認

ステップ1:目標設定(夢の設定)

まずは、お客さまの夢(目標)の実現にかかる費用と時期を数字にしていきます。また、それらの優先順位や想い、こだわりの程度も確認します。これにより、漠然とした「夢」も「具体的な目標」に変わります。

PMMサービスがお役に立てるかどうか、
お話しを伺いながら一緒に確認します

夢やご不安などについてお伺いします。
楽しい面談になるよう心掛けています

ステップ2:情報収集

夢や目標の実現に向けて、まずは、
家計の状況や公的年金の加入情報などについて確認します

お客さまの資産や負債、家計の収支、公的年金の加入状況、保険の加入状況などについて確認します。また、投資の考え方や、万が一の場合に備えるスタンスなどについても意見交換いたします。

ステップ3:情報分析

お客さまの夢や目標が実現できるよう、
何度も試行錯誤を繰り返しながらプランを作成します

情報収集でいただいたデータをもとに分析を行い、お客さまの夢(目標)をできる限り達成するための改善策を考えます。

ステップ4:提案

お客さまの夢(目標)を実現するために、お客さまにとって最適な対策をまとめた提案をいたします。

「こうできたら…という夢」が 「実現可能な目標」に変わる、
アドバイザー渾身のプラン

お客さまのおかれた状況やニーズに応じた、
多彩な提案レパートリー

ステップ5:実行援助

提案に基づき、保険のご加入などをサポートいたします。

ステップ6:状況確認

夢や目標に順調に向かっているのかを、
定期的にフォローを行います

将来の収支や資産残高の推移までシミュレーションされた提案書(PMMプラン)は、将来にわたって、一つの基準として役立ちます。もちろん、現実の推移はシミュレーション通りにはなりません。

だからこそ、定期的にその時の状況を提案書(PMMプラン)と照らし合わせて、順調なのか、さらなる改善が必要なのかをチェックすることが大切なのです。また、夢(目標)が変わったなど、プラン作成時と状況が大きく変化した場合には、プランを作り直すことも有意義です。

このページと合わせて読みたい