金融機関取扱商品ドリームフライト商品パンフレット
17/20

指定代理請求特約について●被保険者が年金受取人となるご契約に指定代理請求特約を付加されますと、年金の受取人である被保険者に自らご請求いただけない事情が生じた場合、指定代理請求人は、その事情を示す書類およびその他の必要書類をご提出いただき三井生命の 承諾を得たうえで、被保険者の代理人として年金をご請求いただくことができます。●指定代理請求人の範囲は以下のとおりです。  ・被保険者の戸籍上の配偶者  ・被保険者の直系血族  ・被保険者の3親等内の親族●年金を指定代理請求人にお支払いした場合、その後重複して年金受取人からその年金をご請求されてもお支払いできません。その他積立利率について●積立利率とは、年金開始日前において、ご契約の積立金を積み立てる際に適用する利率のことです。●最低保証積立利率とは、ご契約時に定められた、積立利率の更改の際に三井生命が最低保証する利率のことです。●積立利率は、契約日から10年ごとの年単位の契約応当日(以下「積立利率更改日」といいます。)に更改され、更改後の積立利率が、積立利率更改日から次の積立利率更改日の前日まで10年間適用されます。(ただし、次の積立利率更改日より前に年金開始日が到来する場合は、年金開始日の前日まで適用されます。)●更改後の積立利率は、指定通貨に応じた指標(豪ドル:残存10年のオーストラリア連邦国債、米ドル:残存10年のアメリカ合衆国国債)をもとに算出した次の①または②のいずれか低い利率に、最大で年1.0%を増減させた範囲内で定めます。ただし、ご契約時に定められた最低保証積立利率を下回ることはありません。  ①積立利率更改日の3ヵ月前の月単位の契約応当日の前日における指定通貨に応じた指標の流通利回り  ②積立利率更改日の3ヵ月前の月単位の契約応当日の前日までの直近1年間の各月末日における指定通貨に応じた指標の流通利回りの平均値予定利率について●予定利率とは、年金開始日以後において、ご契約の責任準備金を積み立てる際に適用する利率のことです。●最低保証予定利率とは、ご契約時に定められた、円建年金移行特約を付加し年金額を計算する際に三井生命が最低保証する 利率のことです。●予定利率はご契約時に定められた最低保証積立利率と同じです。ただし、円建年金移行特約を付加し、円建の年金に移行する 場合は、年金開始日における予定利率を適用しますが、ご契約時に定められた最低保証予定利率を下回ることはありません。 なお、年金開始日以後の予定利率は変動しません。保険料の自動払込停止について●契約日からその日を含めて10年経過後、保険料のお払い込みがないまま猶予期間が過ぎた場合は、自動的に保険料のお払い 込みを停止するお取り扱い(保険料の自動払込停止)をしますので、ご契約は継続します。●保険料の自動払込停止は、積立金額が次の金額以上あるときにお取り扱いします。  ・指定通貨が豪ドルの場合:12,000豪ドル  ・指定通貨が米ドルの場合:12,000米ドル●保険料の自動払込停止後、保険料のお払い込みを再開することができます。なお、保険料のお払い込みの再開は、保険料払込期 間中、かつ、所定の範囲内でお取り扱いします。●保険料の自動貸付制度のお取り扱いはありませんので、保険料払い込みの猶予期間が過ぎますと、保険料の自動払込停止の要 件に該当した場合を除き、ご契約は失効します。また、契約者貸付制度のお取り扱いもありません。解約返戻金について●解約は、年金開始日前に限りお取り扱いします。●この保険の解約時には解約返戻金がありますが、その金額は経過年数等により異なり、円に換算した解約返戻金額は、円建払 込金額の累計額を下回る場合があります。●解約返戻金額の計算にあたっては、契約日から10年間は、経過期間(保険料をお払い込みいただいた年月数)に応じた金額を 積立金額から控除します。年齢の計算について●被保険者のご契約時の年齢を契約年齢といいます。契約年齢は、ご契約時の満年で計算し、1年未満の端数は切り捨てます。●ご契約後、年金開始日までの被保険者の保険契約上の年齢は、年単位の契約応当日ごとに契約年齢に1歳ずつ加算します。●年金開始日に被保険者の年齢を再計算(年金開始日時点の満年齢で計算し、1年未満の端数については切り捨て)し、年金支払 日ごとに1歳を加えて計算します。●この資料では、支払事由や給付について、概要や代表事例を記載しています。●ご検討にあたっては、「契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)」「ご契約のしおり-約款」を必ずご覧ください。16

元のページ  ../index.html#17

このブックを見る