大樹セレクト商品パンフレット
11/24

10ガン医療特約その後ガン 治療を目的とした入院もしくは通院 をしたときガン にかかったときガン で1日以上入院したとき入院中に受けたガン 治療のための開頭術・開胸術・開腹術のとき40万円1回につき入院中に受けた上記以外の手術のときまたは20万円1回につき外来で受けた手術 のとき5万円1回につき日額10,000円ガン で所定の放射線治療を受けたとき10万円1回につき支払回数無制限支払回数無制限50万円1回につき被保険者が負担した先進医療の技術に係る先進医療による療養(ガン治療サポート給付金)(ガン入院給付金)(ガン放射線治療給付金)(先進医療給付金)(特定臓器治療給付金)(先進医療サポート給付金)(ガン手術給付金)費用相当額+10万円1回につき最新のガン治療にも対応可能なガンの保障をご希望の方には・・・ガン で所定の手術を受けたときケガや病気で先進医療による療養を受けたときケガや病気で特定の臓器に対する所定の切除・摘出・移植の手術を受けたとき*2*2*2*9*2*3*2*2*7*10*2*6死亡のとき※次の場合は、ガン治療サポート特約を無効とし、ガン治療サポート給付金をお支払いしません。 ■責任開始の日前にガン と診断確定されていた場合 ■責任開始の日からその日を含めて90日の間にガン と診断確定された場合日帰り入院とは、入院日と退院日が同日の場合をいい、入院基本料の支払いの有無などを参考にして判断します。上皮内ガン・非浸潤ガン・大腸粘膜内ガン・皮膚ガンを含みます。外来で受けた手術とは、入院中以外に受けた手術をいいます。責任開始の日からその日を含めて1年以内に採取術を受けたときは、骨髄ドナー給付金をお支払いしません。入院一時給付金は、総合医療特約の災害入院給付金または疾病入院給付金の支払われる入院が、お支払いの対象となります。入院一時給付金の支払事由に該当する入院を2回以上された場合については、21ページの❸をご確認ください。病院または診療所でのガン治療を目的とした入院・通院に限ります。前回ガン治療サポート給付金が支払われた際の支払事由該当日からその日を含めて1年を経過した後に支払事由に該当した場合にお支払いします。前回ガン治療サポート給付金が支払われた際の支払事由該当日からその日を含めて5年を経過した後に支払事由に該当した場合も、特約給付金額の2倍をお支払いします。被保険者が負担した先進医療の技術に係る費用相当額が0円のときは、先進医療サポート給付金(10万円)をお支払いしません。なお、同一の先進医療において複数回にわたって一連の療養を受けたときは、1回の療養とみなし、先進医療サポート給付金(10万円)は1回のみお支払いします。同時に2種類以上の特定の臓器に対する所定の手術を受けたときは、1種類の特定の臓器に対する所定の手術を受けたものとみなしてお支払いします。*1*2*3*4*5*6*7*8*9*101回・通算ともに2,000万円まで保障(死亡返還金)初めてガン にかかったときは2倍の100万円50万円*85万円*2*2先進医療サポート特約護臓ろっぷ各特約の正式名称・支払事由・支払金額・給付限度等の詳細は、ご留意いただきたい事項(19ページ~裏表紙)をご覧ください。再発や転移も保障!有期型終身型有期型終身型有期型終身型終身型【ご契約例】 特約給付金額:50万円【ご契約例】 入院給付日額:10,000円【ご契約例】 特約給付金額:50万円ガン以外のときも保障!ガン以外のときも保障!特約の保険期間について特約の保険期間には、一生涯を保障する終身型と、一定期間を保障する有期型があります。と表示のある特約の保険期間は終身型のみです。終身型終身型と表示のある特約の保険期間は有期型のみです。と表示のある特約の保険期間は、所定の範囲内で終身型または有期型をお選びいただけます。有期型有期型死亡保障セレクト生前給付保障セレクト介護保障セレクト医療保障セレクトその他の特約・割引制度|お受け取り例

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る