大樹セレクト特約ガイドブック
17/28

」をご覧ください。ご検討にあたっては、「設計書(契約概要)」「特に重要な事項のご説明(注意喚起情報)」を必ずご覧ください。16」をご覧ください。ご検討にあたっては、「設計書(契約概要)」「特に重要な事項のご説明(注意喚起情報)」を必ずご覧ください。その他の特約死亡保障セレクト生前給付保障セレクト介護保障セレクト医療保障セレクト積立保険特約【積立保険特約016】被保険者が死亡したときに死亡保険金または災害死亡保険金をお支払いします。■死亡保険金◦死亡のとき、被保険者が死亡した日の直後に到来する月単位の契約応当日の前日までのこの特約の経過年月数を基準に計算した積立金額をお支払いします。■災害死亡保険金◦不慮の事故や所定の感染症により死亡のとき、被保険者が死亡した日の直後に到来する月単位の契約応当日の前日までのこの特約の経過年月数を基準に計算した積立金額の1.1倍相当額をお支払いします。積立保険特約には、貯蓄機能と保険料調整機能があります。■貯蓄機能について◦積立金は、積立利率に基づき計算されます。積立利率は特約の締結から消滅まで変更されません。◦積立金は、自由にふやすことができます。毎回お払い込みいただく保険料のほか、お手持ちの余裕資金があるときに、任意に保険料をお払い込みいただくことができます。(任意積立保険料のお払い込み)◦積立金は必要に応じて、所定の範囲内で自由に取り崩して引き出すことができます。(積立金の一部取崩)■保険料調整機能について◦積立金を取り崩して、ご契約に付加された他の特約の保険料にあてることにより、お払い込みいただく保険料のご負担を抑えることができます。(積立金からの定期取崩払込・積立金からの自動取崩払込)ご注意◦不慮の事故による場合、事故の日からその日を含めて180日以内の死亡がお支払いの対象となります。◦死亡保険金と災害死亡保険金は、重複してはお支払いしません。◦積立金の一部取崩・積立金からの定期取崩払込・積立金からの自動取崩払込の際は、所定の条件を満たす必要があります。リビング・ニーズ特約被保険者の余命が6か月以内と判断されたとき、死亡保険金または死亡収入保障年金の将来のお支払いにかえ、その全部または一部をこの特約による保険金としてお支払いします。■ご請求額について◦ご請求額は、この特約による保険金の支払事由発生日(余命6か月以内と判断された日)における死亡保険金額およびこの特約による保険金の支払事由発生日からその日を含めて6か月の期間満了の日における死亡収入保障年金の換算保障額の合計額の範囲内かつ所定の金額以内で指定していただきます。◦収入保障保険特約、定期保険特約、ワイドガード8(有期型)、ナイスガード、介護保障特約は、この特約による保険金の支払事由発生日において残余保険期間が1年以内の場合、お支払いの対象となりません。(更新されるときを除きます。)■お支払い額について◦この特約によるお支払い額は、ご請求額から、支払事由発生日からその日を含めて6か月間のご請求額に対する利息および保険料相当額を差し引いた金額となります。◦支払事由発生日からその日を含めて6か月以内にお支払いの対象となる特約に更新がある場合、更新後の期間に対応する部分の保険料相当額は、支払事由発生日における保険料率および更新日における被保険者の年齢をもとに計算した金額とします。ご注意◦この特約による保険金のお支払いは、1契約について1回限りとします。◦災害割増特約、傷害特約、ワイドガードサポート年金特約、だんかい介護、総合医療特約、ガン治療サポート特約、積立保険特約は、この特約による保険金のお支払いの対象とはなりません。

元のページ 

page 17

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です