「わたしの記念日」商品パンフレット
11/18

税金のお取り扱いについて税金のお取り扱いについて税法上のお取り扱いは2017年8月現在の税制に基づくもので、将来改正されることがあります。個別のお取り扱いについては、ご担当の税理士または所轄の税務署等にご確認ください。●円に換算してお受け取りいただいた死亡保険金等は、実際にお受け取りいただいた金額について、円建の生命保険と同じ税法上のお取り扱いとなります。●指定通貨でお払い込みいただいた保険料および指定通貨でお受け取りいただいた死亡保険金等は、次の表の円換算日の適用する為替レートで指定通貨を円に換算した金額について、円建の生命保険と同じ税法上のお取り扱いとなります。お払い込みいただいた一時払保険料は、その年の一般生命保険料控除の対象となり、所得税・住民税が軽減されます。※くわしくは、「契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)」の「税金のお取り扱いについて」、「ご契約のしおりー約款」の「生命保険と税金について」をご覧ください。※所得税(雑所得)の計算方法については、「契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)」の「税金のお取り扱いについて」をご覧ください。一時払保険料の払込時TTM(電信売買相場の仲値)税金の種類適用する為替レート*2保険料領収日契約形態により税金の種類が異なります。死亡保険金の受取時TTB(対顧客電信買相場)相続税・贈与税の対象となる場合支払事由発生日円換算日*1生存祝金の支払事由発生時に課税されるため、記念日受取金の受取時には課税関係は発生しません。記念日受取金の受取時所得税(雑所得)および住民税の対象となります。生存祝金のすえ置き時TTM(電信売買相場の仲値)支払事由発生日所得税(一時所得)および住民税の対象となります。解約返戻金の受取時TTM(電信売買相場の仲値)解約効力発生日TTM(電信売買相場の仲値)所得税・住民税の対象となる場合*1*2円換算日に為替相場がない場合には、同日前の最も近い日の為替相場によります。円換算日に為替相場が2つ以上ある場合には、その日の最終の相場によります。保険金の非課税額について●死亡保険金には、相続税において一定の金額まで非課税となるお取り扱いがあります。 (ただし、ご契約者と被保険者が同一で死亡保険金受取人が相続人の場合)*3 民法上の相続人の数に、次の点を反映させたもの。 ①相続人の中に養子がいる場合、実子がいるときは養子のうち1人、実子がいないときは養子のうち2人まで算入 ②相続を放棄した者がいる場合、その者を算入非課税限度額500万円=法定相続人の数*3×【相続税法第12条】参考相続税本人ご契約者税金の種類本人被保険者配偶者または子死亡保険金受取人贈与税本人配偶者(または子)子(または配偶者)所得税(一時所得)・住民税本人配偶者(または子)本人参考10

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る