多様な分野で活躍する
数理のスペシャリスト。

アクチュアリー分野
 生命保険とは、お客さまの生命に係わるさまざまなリスクに備えて、将来の保障を提供する制度です。その重要な責任を果たすため、生命保険会社には“健全な経営”が求められます。そこに不可欠なのがアクチュアリーの力。過去の統計をベースに、適正な保険料の算定、将来の保険金・給付金の支払いに備える準備金の評価などを行う、数理のスペシャリストです。
 また、会社の予算プランニングや財務・経理全般にわたる分析もその業務となります。基本的な数理の知識だけでなく、マーケティングセンスやコンピューターシステムの知識など、さまざまな専門知識と柔軟な発想を駆使して業務を遂行していく能力が求められます。

アクチュアリー分野の仕事

主計部門 主計グループ

営業計画、運用計画をもとに全社的な収益予算を作成し、予算と実績間の差異の分析や、経営陣への報告業務を担当しています。

主計部門 数理グループ

保険数理に関する業務として、EV(エンベディット・バリュー)などの企業価値指標の算定、保険料及び責任準備金の算出方法書に関する事項、決算における責任準備金などの算出、数理統計の立案・管理を行っています。

商品開発部門

新商品開発時の保険料率の設定や収益検証、新商品の保険料及び責任準備金の算出方法書の作成、新商品認可取得のための金融庁との折衝などを行っています。

リスク管理部門

リスク管理に関する統括や、保険引受リスク及び資産運用リスクを管理しています。

運用部門

国内外の債券先物・オプション取引・スワップ取引などに関する方針・計画の立案・実行をしています。

企業保険部門

確定給付企業年金の主務官庁への申請・届出に必要な数理書類の作成、退職給付会計及び退職給付債務計算を行っています。

この分野で働く先輩社員を見る