お預かりした資産を、
長期安定的に運用。

資産運用分野
 生命保険は長期にわたるご契約になります。そのため、お客さまからお預かりした大切な保険料を長期安定的に運用し、将来的にお約束した保険金のお支払いに備えていくことが資産運用分野のミッションです。

 当社では、国内外の株式や債券などの有価証券や不動産などへの投資、法人のお客さまへの融資などさまざまな方法で資産運用を行っていますが、ミッション実現のためには、リスクをコントロールし長期的な視点で運用することがポイントになります。特に、当社ではALM(Asset Liability Management= 資産と負債の一体管理)を軸として、グローバルな金融市場の動向を捉えたアセット・アロケーション(資産配分)により、保険会社として許容できるリスクの範囲内で長期的な運用収益の向上を目指しています。他方、生命保険会社の資産運用においては、その原資が、お客さまからお預かりした保険料であること等から、投融資先や運用手法に公共性が求められます。当社では、こうした要請に応えられるよう、証券投資や融資等を通じ、広く社会に資金還元を行っています。

資産運用分野のビジネスフロー

お客さま
リテール分野
ホールセール分野
資産運用分野
ミドル・バック部門
リスク管理・審査
運用管理事務
フロント部門
特別
勘定
有価
証券
融資
不動産
一般勘定
国内・海外マーケット
資産運用分野のビジネスフロー

資産運用分野の仕事

[資産運用]の仕事

当社の一般勘定と特別勘定を合わせた運用資産は、約7兆円にのぼります。その巨大な資産について安全性・収益性を追求し、社会に貢献すべく専門性の高いプロフェッショナルによって運用を行っています。

運用統括部

中長期的な視点に立って資産運用計画を立案し、運用状況のフォローを行う司令塔的役割を担います。

特別勘定運用部

運用実績に応じて保険金などをお支払いするため、独立して設けられている特別勘定に関する業務を担当します。

市場運用部

国内外の経済状況やマーケットを分析し、投資判断を行います。

[フィクストインカム運用グループ]
国内外の債券投資、為替、短期資金を担当します。

[マルチアセット運用グループ]
国内外の株式投資を担当します。

この分野で働く先輩社員を見る