ダイバーシティ・福利厚生

三井生命のダイバーシティ

結婚、出産、育児、介護。
ライフイベントの変化に合わせた
働きやすい環境を。

ダイバーシティとは、性別・年齢・国籍などに関わりなく、異なる価値観や状況にある従業員の能力を最大限に活かすことで企業の成長力を高めていこうという考え方です。
三井生命では、2007年「ダイバーシティ推進活動」を開始。コミュニケーション向上をベースに「女性活躍推進」「ワークライフバランス」「障がいのある方とともに働くこと」の3つのテーマで、ダイバーシティの推進に取り組んでいます。

三井生命は、「働きがいがあり、かつ多様な働き方が選択できる職場環境づくりを目指す」を掲げ、ダイバーシティを推進しています。
働きやすい職場環境をつくるため、従業員にとって使いやすい制度の導入に取り組んでおり、ライフイベントごとに安心して働ける諸制度を整備しています。
  • 休業・休暇制度
    産前産後休暇はもちろん、男性女性問わずさまざまなシチュエーションに寄り添った休業・休暇制度があります。妊産婦検診による産前通院休暇や、配偶者出産休暇、介護特別休暇など。子育てや介護をしながら、安心して働き続けられる環境です。
  • 育児・介護短時間勤務制度
    働く時間を短縮させて、仕事と家庭を効率良く両立させることができます。妊娠中の通勤緩和措置、介護のための所定外労働時間の免除など、多様な働き方を選択できるよう、各シチュエーションに合わせた環境作りを推進しています。
  • フレックスタイム制度
    フレックスタイム制とは、始業と就業の時間を定められた範囲内で自由に設定することができる制度です。

出産・育児・介護の両立支援制度の概要

interview
山田路子

山田路子2007年入社企画部広報グループ

 長女を出産する際に、約1年8ヶ月の産前産後休暇・育児休業と20日間の育児特別休暇を利用しました。本当は娘が1歳になるタイミングで復職したかったのですが、なかなか保育園が決まらず2歳まで育児休業を延長。制度が整っていたおかげで、仕事を続けることができました。現在も、勤務時間短縮制度やファミリーフレンドリープランの保育料補助サービスなど、さまざまな制度を活用しています。

 仕事と子育てを両立させるなかで、時間を有効活用する意識が強まりました。同時に、リスクを回避する習慣も身についたように感じます。出産以前に増して、仕事をスムーズに進められていますね。

 所属している広報グループでは、業務が滞ることがないよう情報共有を徹底しており、子どもが体調を崩して急なお迎えの連絡が入っても、問題のないように協力してもらっています。お互いの状況を理解し合い、円滑なコミュニケーションの中で助け合うことができる環境に、とても感謝しています。
三井生命の福利厚生

安心な保険制度と、休日のリフレッシュが
あしたの活力になる。

三井生命では、全社員の多様な働き方に対応できるよう、
ライフイベントの変化に合わせて働き方を見直す、そんな制度を各種とりそろえています。

健康支援

三井生命は、三井グループの企業が参加する三井健康保険組合に加入しています。
定期的な健康診断をはじめ、万が一の場合の保険給付制度など、安心して健やかな毎日を過ごせるよう、サポートします。

提携保養所

一般的な宿泊施設より安価で泊まれる保養所で、週末リフレッシュも可能です。

ファミリーフレンドリープラン

平成20年4月から福利厚生サービス提供会社である「(株)ベネフィット・ワン」の提供する「ファミリーフレンドリープラン」の法人会員になりました。従業員の仕事と家庭の両立を支援することを目指し、育児・介護期間中などを経済的にサポートします。例えば、以下のようなサービスが簡単・安価に利用できます。
  1. 育児サービス

    ベビーシッター
    育児施設など
  2. 介護サービス

    在宅介護
    介護施設など
  3. ライフサポート

    家事代行サービス
    ハウスクリーニング
    など
  4. 健康サービス

    歯科矯正
    インプラントクリニック
    など
  5. リラクゼーション

    エステ
    ヘアケアなど
  6. トラベル&
    リゾート

    旅行・宿泊
    レジャー施設
    など
  7. スポーツ

    フィットネスクラブ・
    ゴルフ場・
    スポーツ施設など
  8. レジャー&
    エンターテイメント

    映画館・
    スポーツ観戦
    レジャー施設など