研究職とアクチュアリー職、どちらも視野に入れて就職活動を行いました。数理的な知識を生かして社会に貢献したいとさまざまな企業を見ましたが、次第にアクチュアリーに関わる方々の雰囲気に惹かれ、就職活動の早い段階でアクチュアリー職一本に絞り込みました。

数ある生命保険会社のなかから三井生命を選んだのは、アクチュアリー試験の勉強会の主催者である先輩が勤める会社だったからです。たった一学年しか違わないのに高い統率力を発揮し、自分にはないものを持つその先輩が活躍する三井生命でなら、他の企業よりも早く成長できるのではないかと思い、入社を決めました。
入社後は、実際の業務のなかで成長を実感しています。私が所属する主計部は、会社全体の決算に関わる数理業務が主な担当で、保険会社の利益や企業価値の評価を行います。決算では法的に計算手法が決まっている部分も多いのですが、私のチームでは自社独自の手法を企業価値の評価に組み込んでいます。

さらに、自分の考えを反映させる裁量も与えてもらっています。他社では分業化が進み、自分の個性を出すことは難しいと聞くので、若いうちから任せてもらえるのは三井生命ならではだと思います。日本生命と経営統合したことで、業界トップのノウハウを学べる点も大きな魅力。多少ハードルが高いと感じる仕事ではありますが、知見や価値観が広がるので楽しいです。
三井生命には人を祝福する風土があります。アクチュアリー試験に合格した際には、先輩も後輩も部署をあげて喜んでくれました。成果を褒めてもらえるのは単純に嬉しいですし、モチベーションにもつながっています。アクチュアリー試験に合格した先輩社員が後輩の試験勉強に付き合うなど、年齢や役職の枠を超えた交流も刺激になっています。

長年知見を蓄積された先輩方のスキルも、私には到底思いもつかない手法で驚くばかりです。先輩方の背中を追いかけ、今後も経験と努力を重ねていきたいと思います。