検索

当社は生命保険という長期にわたる保障を提供しています。未来永劫、途切れることなく、十分なサービスをお客さまに提供し続けることが当社における最も重要なCSRであり、そのために、これからも三井生命に関わるステークホルダーに対する責任を果たしていきます。

CSRの定義

当社は以下のようにCSRを定義しています。このようなCSRの視点から事業活動を行うことで、営業・サービスの品質や従業員のモチベーション向上、ひいては企業価値の向上と社会の健全な発展の両立を目指します。

当社の存立基盤である社会の健全な発展に好影響をもたらす企業活動を推進すること。

CSR経営宣言

当社では、「CSR経営宣言」に従って当社が取り組むべき課題を選定・遂行して、ステークホルダーの皆さまに対する責任を果たしていきます。

三井生命は、経営理念の下、社会の一員として永続的な発展を目指し、以下のとおり企業経営を進めます。

三井生命のCSR三本柱

少子高齢化、地球環境問題など、社会のさまざまな課題の解決に向けて日々行動を重ねていくことが、生命保険会社としての社会的責任であると認識しています。当社は、これらの課題を、社会的課題の普遍性、本業との関わりの深さ、貢献の可能性によって整理し、「社会・環境」「いのちと健康」「人の生活の安心」の3つの重要領域をCSR三本柱として定め、活動を展開しています。

三井生命を取り巻くステークホルダー

当社では、お客さま、株主、従業員、そして、それらを取り巻く社会全体をステークホルダーとしてとらえています。株式会社である当社は、株主からの出資によって事業基盤が形作られていることは言うまでもありませんが、それだけでなく、生命保険会社として、持続的かつ安定的な事業を実現するために、お客さまとの保険契約が長期間にわたり維持されることが必要不可欠です。保険契約の維持、つまり、お客さまの満足度やお客さまとの信頼関係を維持するために、当社は、社会全体の健全な発展への貢献を目指します。

CSR活動の展開

お客さまや社会から信頼される生命保険会社であるためには、ガバナンスやリスク管理、コンプライアンスの強化などを通じた健全な経営基盤の確立が前提となります。
これらの経営基盤にもとづき、よりよい商品・サービスの提供によってお客さまのニーズに応えていきます。さらには生命保険という事業特性をいかしながら、CSR活動を通じてさまざまな社会的課題の解決に取り組みます。このような活動を通じて、安心・安全で持続可能な社会の発展に貢献し、その結果として当社自身も持続的成長を遂げることを目指します。

CSR活動一覧

企業の社会的責任に関する要請が高まる中、CSR経営宣言を掲げる当社では、昨年度の実施内容や課題を踏まえ、「2018年度CSR活動一覧」を策定し、さらなるCSR活動の発展に取り組んでいます。

当社のCSR三本柱 「社会・環境」への取組み 2017年度活動内容 シークレットポストによる資源の再利用 ESG投資 クールビズ、空調温度設定等による節電実施 苗木プレゼントを実施 “ニッセイの森”森づくりボランティア参加 “ニッセイの森”の森づくり推進のため、社内募金を実施して寄付 地域活動への参加 2018年度活動一覧 環境対応(CO2削減への取組み) 緑化運動の推進 活動拠点を中心とした地域活動への参加 当社のCSR三本柱 「いのちと健康」への取組み 2017年度活動内容 難病・特定疾患患者会の支援 公益財団法人三井生命厚生財団への寄付を通じた医学研究助成 企業献血の実施 乳がんの早期発見に資する活動推進 ピンクリボンフェスティバルへの協賛・参加 2018年度活動一覧 難病・特定疾患※1に関する研究など、医療関連基礎研究・支援団体への助成 乳がん検診受信啓発運動(ピンクリボン運動)当社のCSR三本柱 「人の生活の安心」への取組み 2017年度活動内容 子どもや障がいのある方を支援する「ふれあいトリオ」への協賛 経済的事情により手術を受けられない子どもを支援する「明美ちゃん基金」への寄付 全社防犯運動、オレンジリボン運動への参加、女性活躍推進法に基づく行動計画に沿った取組みの実施 「働き方改革」の推進 多様な人材の育成体制の構築 社内外における研修企画や教育機会の更なる充実 2018年度活動一覧 子どもや障がいのある方への支援 ダイバーシティの推進 「働き方改革」の実現に向けた取組み ・10年後を見据えた人材育成と活気ある職場環境づくり 社内外における研修企画や教育機会の更なる充実 経営のコミットメントを軸としたPDCAの強化 2017年度活動内容 2017年度の活動状況報告実施 電子版社内報にてCSR意識浸透のため関連活動を紹介 活動内容の検証 2018年度活動一覧 活動一覧の策定、PDCA実施 CSR意識浸透策の実施