ガイドブック「保険金・給付金のご請求手続きとお支払いについて」
25/28

お支払いできる場合責任開始時後に発生した交通事故によるケガで身体障害者福祉法に定める2級の障がいに該当し、2級の身体障害者手帳を交付された場合1級、2級または3級の障がいに該当したことによって、身体障害者手帳を交付されているので、障がい保険金をお支払いします。お支払いできない場合責任開始時前に発生した交通事故によるケガで身体障害者福祉法に定める4級の障がいに該当し、4級の身体障害者手帳を交付された。その後、責任開始時後に発病した疾病によって4級の腎臓機能障がいに該当し、3級の身体障害者手帳を交付された場合一部の障がいの原因が責任開始時前であり、責任開始日後の障がいが1級、2級または3級の障がいに該当しないため、障がい保険金をお支払いできません。●上記の例では、責任開始時後に発病した疾病または発生した傷害により、身体障害者福祉法に定める1級、2級または3級の障がいに該当し、それに対する身体障害者手帳の交付があったときに障がい保険金をお支払いします。●2つ以上の障がいによって1級、2級または3級以上の身体障害者手帳の交付があったときには、障がい保険金のお支払いの対象となります。ただし、一部の障がいの原因が責任開始時前に発生した場合や免責事由に該当した場合で、それ以外の障がいが1級、2級または3級の障がいに該当しないときは、障がい保険金をお支払いできません。解 説身体障害者手帳の交付を受けた場合11事例24身体障害者手帳の交付を受けた場合

元のページ  ../index.html#25

このブックを見る